FC2ブログ



Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2020/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
選挙で選ぶ参考に
林原チャンネルのお二人
馬渕元大使の本
超お勧め
カミカゼじゃあのさんの本
お奨め
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ニコニコ動画お気に入り

久し振りに来てみた

自分のブログなのにパスワードも忘れて・・・
パソコン変えたからにっちもさっちも行かなくなってしまった。

親もこのご時世なので、施設の方に居させてもらって安心。
ただその代りに会いに行けない。
仕方ないね。

秘密 トップ・シークレット年表

秘密 -トップ・シークレット- 11 (ジェッツコミックス)秘密 -トップ・シークレット- 11 (ジェッツコミックス)
(2012/10/29)
清水玲子

商品詳細を見る

薪さん、2027年生まれ
鈴木  2027年
青木  2038年      でいいのか?

 年表  長くなったので畳みました。

続きを読む

アニメ見れない本読めない

腰が痛い 膝が痛い 肩が痛い 目が痛い 頭がふわふわする。
もう年!
ずっと入院してた親が退院して家で介護です。
ヘルパーの知識が多少でもあって良かった。ケアマネさん、訪問看護士さん、デイサービス、ショートステイ予定の施設、介護用品のレンタル屋さん、介護タクシーさん等々沢山の方々のお世話になりながら助けられています。
病院入院中も、病状に合わせてあちらの病棟こちらの病棟と何度もお引越ししながら沢山の看護師さんのお世話になりました。
家で家族がというと中々病院と同じには難しいですが、それなりに一生懸命当たろうと頑張ると、自分の時間が殆ど無くなります。
自分の体と精神を休めるために、体を動かさないテレビ鑑賞、ネット鑑賞(笑)くらいしかできません。
前は寝る時は本を広げて例え2~3行でも読みながら眼鏡したまま本持ったまま力尽きる感じだったのが、今は本すら手に持つ事もしないまま布団に入ると頭の中は、あれこれ気になることああしてこうしてあれもしなきゃこれもしないと・・・・で寝てしまう。
もう体がガタガタ。
子供が生まれた頃を思い出した。
あの当時と同じ。知識がある分まだ今の方がマシかな。
私の人生ってなんなの・・・体は病気、お金は無い、頭は悪い(笑)、精神的に負けてダラダラした生活、、、ってよく思ったけど、自分の人生って人の為にあるんだなって最近わかったわ。
みんなそうなんだと思う。自分が自分だけのために自分のことしか考えずに生きられる時代って、生まれてから子供、せいぜい十代までかな。十代だって、友達のこと大事にしたりするでしょう。
あとは、社会のため、仕事の為、夫の為、子供の為、親の為。自分を優先する時間は少なくなっていくんだなあ。
でも、それが人間であって、みんなそうだから結局それは自分にも返ってくる。私が私のことしか考えずに生きてた時間は、親や他の人が私のことを見守ってくれてた。時には口も手も出して。
前に仕事に入ってた家のおばあちゃんが言ってた。順繰りだからって。
人のために送る人生が自分の人生なんだねえ。だから人が幸せそうだと自分も幸せを感じるし、辛そうだと何とかできないのかとその身になってみる。
そういうのが大きくなると国家になる。国の家。家族。普段はバラバラだけど病気になったら、大変になったらお互い助け合う。
今は介護することが自分に出来る精一杯なので、親だけじゃなく回りの人々からも知らず助けられて生きてきたお返しを、自分の親にお返ししよう。
子供も、ありがたいことにお母さんの面倒は私が見るからね、って言ってくれるの。まあ多分施設に入れるお金はこれから稼ぐから任しといてってことだろうと想像するけど(笑)それでも言ってくれる人がいるというのは、本当に心強いしありがたいし嬉しい。
だからこそ今、安心して親の介護が出来る気がしないでもない。
なんだか思いつくままに字にしてみた感じ。

さあそろそろ花田さん(月間HANADAのちょっと右よりですが)が始まるから見に行こうっと。

一挙見た

胡蝶鬼綺~若き信長~
振り返り一挙放送をニコ生でやってたのさっきまで見てた。
これ見るほど好きになるわ。
絵がカッコいいし。コメ見てると史実を押さえてるって言うし。
音楽もいい。
二期やってくれないかなあ。
でも、ゲームが元かと思って探しても無いから違うのかも。

最近見たアニメ

鬼滅の刃
春アニメだったんですね。
評判が良かったので気になってたけど、途中で見なくなったアンゴルモアと似たような感じがして見てなかった。
でも、主人公の耳飾りでまた話題になってたのでちょっと見てみたら・・・面白かった。
根性根性また根性みたいな。昔のスポ根アニメやドラマ思い出した笑。いいなこういうの。
ねず子は可愛いけど、善逸はうるさ過ぎる、関俊の鬼舞辻さん悪すぎて恐い、まあそんな感じ。
劇場版「鬼滅の刃」無限列車変 やるの今知った。見たいわー。




胡蝶綺~若き信長~
もう終わってしまった夏アニメ。
絵だけ見て、あ、これ絶対また森川さんでしょーって、全然見る気なかったけど自分の勘の正しさを証明するためだけに見てみた。
で、違った。小林祐介さんだった(って知らないわ、最近の声優さん全然知らないわ)。
歴史好きじゃないから、こんな有名な史実も興味なし、でも地図的な意味でも地元的意味でも見てもいいかなって・・・そしたらんなアホなっていうところが、へーいいじゃんてなって、結構好き。ゲームまではしたくないけど。
今更だけど桶狭間ってソコかあ!ソコのことかあ!ってバカです。
どんだけバカかっていう証拠に、前に買った布陣図のあれっていう消しゴムに付いてた関ケ原合戦布陣図の紙を出してきたほどです(うわあ)。

風呂スト気質下

フロスト気質 下 (創元推理文庫 M ウ)



風呂ってまあいいや。
フロスト気質読めた。
面白いなあ、やっぱり。
何が面白いってもうめちゃくちゃなところ。
休みを取ろうとしてたところに次から次へと事件がやってくる。まさに、フロストを狙うかのようにやってくる。
一つの街でこんなに凶悪事件が起こるのって・・・普通無いよね。
んもう仕方ないなあって感じでブツブツ文句垂れながら、不眠不休で事件に取り組むフロストが気の毒というか、何というか。
事件だけでなく、フロストを敵視している署長のマレットやキャシディのストレスとも戦わなければならない。
ヤマカンだか第六感だかピンと来たら思い込み激しく突っ走る。その度に扱き使われる部下たち。
セクハラ、パワハラ、ジェンダーたら何たらかんたら、今だったら絶対めちゃくちゃ叩かれて辞職ものの何でもありのフロスト。
でも事件解決の為なら、体裁も名声もいらないそっちのけ、土砂降りの雨の中、ゴミでもヘドロ川でも分け入って自分が体張る。
ポンと浮かんだ感想が昭和ってこうだよなあ・・だから面白いんだよなあって。まあイギリスなんですけど(笑)。
本当にフロスト警部お疲れ様でした。
テレビドラマのフロストの俳優さんで、つい頭に描いてたけどもうちょっと違うのかも。
数少ないフロストシリーズ、他のも読もう。

不合格教科書が届いた

書くこと無い。
いや一杯あるはずなのに、暫くパソコン離れてるとわからなくなってしまう。

今日、紀伊国屋から届いた本。
竹田恒泰先生が昨年中学の歴史教科書を作りましたが、文科省で通りませんでした。
駄目出し食らったので一般に販売してくれることになりましたが、刷っても刷ってもすぐ売り切れで追いつかないそうです。
定価は1800円。転売屋に買われてしまって高額で出ていますが、すぐにまた刷ってくれるそうなので、欲しい方は待ちましょう。
何しろ自分で刷ってる同人本と竹田先生が仰ってますが、今38000冊超えてるそうです。
学校の教科書で勉強したものとはまったく違う日本の歴史、国史です。
日本に生まれたことを誇りに思える教科書です。
まったく文科省めええええ。まあお陰で買えるんですけど。



近況

ニコ生で国会中継見てるのが面白い。
マイクラは相変わらず止められない。止める気もないけど。
ツイッター見てるとアッと言う間に時間が過ぎている。
実は親の介護が昨年あたりから入り始めて、年末から急に割合が大きくなった。

最近見たアニメ
 「どろろ」 えー、あれで終わり?二期あるよね?
 「ケムリクサ」 けものフレンズのたつき監督作品で、うちの子も好きと言ってたので見てみた。これ好き。

今見てるアニメ
 「バナナフィッシュ」 力入る内容なの分かってたから一話一話見る気になれなかった。今一気見最中。
 「アンゴルモア」も同じ理由でこれから。
 「ポプテピピック」 白虎が無いんですけどーどこ探せばいいんですかー

今見てるドラマ
 「きのう何食べた?」 実写は好きじゃないけど結構評判良さそう。確かにイメージは壊れてない。てか、一話見逃して悔しいくらいには思ってる。うちはテレビが無いのでネットで配信されたらと思ってる内に二話になってしまってた。。。

最近読んだ読み中漫画、本
 「きのう何食べた?」 15巻。読んだってより見た。いつもこれはあんまり字を読んでない。老眼で字を読む気力があまり無いのと、吹き出し以外の細かい手書きの文字は読みにくい。二人が幸せそうにしてるところはまあいいかなと。何か問題起きたっぽいところだけ読んでる。
 「魔夜の娘はお腐り申しあげて」 魔夜峰央の娘さんの漫画。四コマ漫画。帯で魔夜峰央が‘買って‘って言ってるから買わなきゃと思って。面白かった。でもBLBLBLBL・・・でお腹いっぱい。駄目だなあ、年のせいで体力が無くなってきた(目と気力も)。
 「フロスト気質・下」 何年も前に上を読んで最近やっと下を読みだした。本当は島田荘司さんの「写楽・閉じた国の幻」を読もうとして、上下巻あって買ったものが下巻と気付き面倒になって投げ出しました。フロスト気質・上がどんな内容だったかすっかり忘れてしまっているけれど、まあ読んでる内に思い出すかなと(笑)。

しかし前回の記事、下書きにしてたと思ってたら間違えてた。途中ぽいけどまあいいやもう。

あ、

また変な広告出てる。
ご無沙汰してるとすぐこれだわ・・・。

キヨシ君てコナン?

Pの密室読んだ。これは何か月かかったかな。
島田荘司さんの本を適当に選んで読んだら、御手洗さんの御幼少時代の話だった。
なんと潔くんは幼稚園の頃から天才だった。いや天才なんだから生まれた時からと言わなければ。
何でもお父さんは戦時中なんやら・・・で凄く頭が良くてアメリカの大学ハシゴしたとかなんちゃらかんちゃら
お母さんも大名の家系だか何だかその父親が名明治政府の要人とかやっぱりアメリカで研究?かなんかしてて・・・
で潔ちゃんはアメリカで生まれたけど日本で大学の学長やってるお母さんのお姉さんにあずけられたとか。
要は頭は良いけど変わり者の両親に邪魔ものにされちゃったのかしら潔ちゃん。。。
幼稚園児の時と小学二年の時の二回、潔ちゃんが解決した殺人事件のお話。

読んだけど

「斜め屋敷の犯罪」を読み終わった。
・・・・・・・・・。今、「秘密0」の7巻読み出したからもう感想忘れちゃった。
何だったかなあ・・・。
犯人自体はすぐ分かるけど、どうやったか、考えても分からなかったわ。
材料は全て揃った。のも後で、ああそうなんだって納得。・・・・・いや、納得できないよ。
他の作品でもそうだったけど納得出来ない。
色んな可能性の一つがたまたま上手くいったってだけじゃないの?
それを最初から計算してって何か無理あるなあ。
まあ一か八かと言ってた部分もあったけど。
御手洗シリーズで最初に読んだのが確か「御手洗潔の挨拶」だったと思う。その時に思ったのが、ああこういうのなんだ本格派推理小説って、トンでもトリック何でもあり?有り得ない、無理。。。
常識で考えちゃいけないんだなって。

(ネタバレ)
材料
極寒の地、斜めになった3~4階建ての家、設計ミスかと思うほど人が怪我するか死ぬかの内装、等身大の人形、天狗のお面、睡眠薬。
ナイフ入りつらら。

材料に関してチョットマテと思う所
換気口(普通換気口って網とか蓋みたいのあるよね、20センチ四方がポッカリ開いてる換気口てなに。
通路の隙間(上階で、普通通路があるの出入りするドアまで位だと思うの、それが突き当りの壁まであってそれも壁際20センチ開いてるてなに、階段があるからと言っても上り下りするとき下手したら足ハマるやん。
傾いてる家から傾いてる塔に跳ね橋(作り付けで壁と屋根があっちゃダメなの?屋上上がるためのドア付けとけばいいのに。
家に関しては全部がおかしいので切りがない。
ナイフ(つららに仕込むって説明読んでても構造がわからない。そりゃ滑りやすくはなるだろうけど、塔の階段から落として上手く真っ直ぐいくのかな。練習したみたいだけど、この為に斜めの家を建てたって・・・家を何だと思ってんの貧乏暮らしの私は怒りたい金持ちの、単なる人殺しの為の材料だから真剣に考えちゃダメ、と自分に言い聞かせる。

人がおかしい
色々あり過ぎてもう。。。
一番の肝心の菊岡殺しのところが、金持ち本当にそんなにそんなに上手くいくのかな。
寝てるところを刺された訳だけど、寝返り打ってたら?横向きで寝てたら?刺さらないでしょ?
めんどくさくなってきた。
てか飽きた。
でも動機は、ほうそんなことが・・・みたいな。ちょっとだけグッと来るような来ないような。

もう「秘密」の方に行く。

今読んでるっぽいもの

改訂完全版 斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)



数か月前から読んでいる本。まだ読み終わってない。
前の「占星術殺人事件」の時もそうだったんだけど、まあ他の本でもだけど・・・いやこれ特になんだけど、ちっとも読み進めない。
だってちっとも面白く無くて、イライラしてくる(笑)。
殺人事件までが超つまんない。やっと殺人事件起きて、警察来てなんやかやと・・・それもつまんない。
後半に来てやーっと御手洗さんが来た。ふう。
もう何がつまんないって、登場人物の魅力の無さ。11人だっけ・・斜め屋敷の住人と招待客が嫌な方面に特化した人間性の人物ばかり。というかそれがまるで下手くそなテレビのサスペンスドラマみたいに、取って付けたようにあからさまな無理矢理感。
舞台が1984年ということなので、当時としてはこんなものなのかしら。

私としては、
事件がどうこう推理がどうこうの前に、もう最初からこの斜め屋敷という設定が受け入れられない。
おかしいでしょ。
読んでいても頭の中に映像が浮かばない。
斜めなんだよ?家が。北側の二階が南側では一階になる感じ?建物の図が出てるけどよくわからない。テーブルや椅子も床に合わせて片側切ってあるっておかしくない?ご飯食べてる時にも横向こうとして椅子を少しでもずらしたらズッコケるでしょ。作り付けの家具ならまだしも、動く家具なんかまともに置けないでしょうが。厨房で働く人大変だわ。もうほんと傾いてる家によく住めるね。別荘みたいだからずっといるわけじゃないにしても、何日もいたら気が狂うわこんなもん。
階段や踊り場だって傾いてたら怖いよ。しかも三階に行く階段と二階や地下に行く階段が別の場所にあって、きちんとした作りで斜めならまだしも踊り場や廊下階段が非常階段みたいに金属製の鉄板でできてるとか建築中の手違いで通路が壁の端まで無いって・・・おかしいでしょ。
離れの塔にしても三階の渡り廊下しかも跳ね橋式って、それも傾いてるものを三階の高さで渡る。外だよその渡り廊下・・・おかしいでしょ。
で、で、で、何と言ってもその斜め屋敷のある土地が北海道!窓から流氷が見えるのが売り・・・・・・おかしいでしょ!
冬、クリスマスに、年末に、客集めて吹雪の中、その塔に案内するって・・・おかしいでしょーーー!
そんな広い家で、暖炉の部屋はいいかもしれないけど、それぞれの部屋がスチームだけって・・・おかしいでしょ。
それでもっていくら客の運転手とはいえ、運動具置き場を部屋にして泊まらせるって、めちゃくちゃおかしいでしょー。だって他の部屋はバストイレあるのに、この運動用具置き場の部屋トイレも付いてないんだよ。しかも入り口が外なんだよ。同じ建物なのに入り口が母屋と繋がってないんだよ!?夜中にトイレ行きたくなったら、積もった雪と吹雪の中を外に出てグルっと回らなきゃいけないんだよ?でも、お手伝いさんは夜全部錠をかっちゃうんだよ?どうするのーーー?おかしいよ!
だって、大企業だか何だかの社長さんだよ大金持ちだよ、なにこの頓珍漢な家と招待客に対する仕打ちは???
そんなこんなの突っ込みが山ほどあって、とてもじゃないけどまともに話が頭に入らない。

で、やっと、「読者に挑戦する」材料は出揃った。てとこまで来たわけですが、疲れた。
最初の方の頁なんか数か月前だから忘れちゃった。
かと言ってもう読み直す気も起きない。でも御手洗さんの推理をさっさと聞いちゃおうというのもナンだかなあ・・・。
ホントもう本格派推理小説ってもうヤダ。
トリック殺人の為に建てられた家ってだけ。
やっぱり考えるの止めた。
早く読み終わって次のまともなもの読みたい。。。。

最近読んでるもの

ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)



また、この漫画がすごい だか何だかで出てて、つい試し読みしてて続きが見たくなったので買ってしまった。
三巻まで読んだところ、作者はおじさんが嫌い?という風に受けとれたけど生い立ちに何かありそう。
一人暮らしカレー好きのすねかじり大学生。お金には困ってない模様。
理屈屁理屈捏ね放題。雑知識の宝庫。一見したところ世間に無関心そうで、目の前になんかあると口出さないといられないタイプらしい。
依ってウザイと思われがちな存在でありながら人生相談役として重宝される面もあり。
正論言ってるみたいな例え話ホントとうっざーこの人そうとも言えないでしょとツッコミ入れながら見るのが面白いのかな。
んー?と引っかかるところも落ちを付けてくれるから・・・まあいいか。

映画の感想というわけではない



昨日は「夏目友人帳 うつせみに結ぶ」を観に行ってきました。
お腹の調子が良くなくて前日の晩御飯を食べておらず空腹状態だったためか、いつもなら映画館のポップコーンなど決して食べないのに、一緒に行った子供が買ってくれたニャンコ先生ポップコーンBOXをバリバリ食べてしまいました。
ニャンコ先生の脳みそを食べてるような気になる、ニャンコ先生の頭部BOX。美味しかった・・・キャラメル味。

うん。いつもの夏目友人帳でした。今までの主だったキャラを全部出したかったのか、詰め込んだみたいで、ちょっと話がややこしい感じもしました。
人と人との関りや繋がりを大切に描く夏目の物語はまったり癒されますねえ。
夏目が関わる妖はレイコさん繋がりなんだなと改めてよくわかりました。
小さな妖、人間でいうと一般人に当たるのかしらん。妖の思い出はレイコさんの思い出となって夏目に流れ込む。
立派な神社仏閣ではない、人に忘れ去られ寂れた碑や祠にもそれぞれの物語があることを教えてくれる。
昔からの言い伝えや理が、懐かしさみたいなものと共にすんなりと心に入ってくるのはやはり日本人の血なのかなあ。
こういうのが夏目友人帳の好きだなと思うところ。

妖の障りで可愛くなったニャンコ先生、うちでも飼いたい。
切り絵も素晴らしかったです。

久しぶりに

入れた!
何故だろうまったくログイン出来なかったんだけど!
もうfc2に電話したろか?みたいになってたww

大江戸科学捜査八丁堀おゆう千両富くじ根津の夢

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)


おゆうきらーい。
やっぱりどんどんおゆうが嫌になっていく。
伝三郎甘すぎる。

「私が」が出過ぎ。
いつも一言多いのが鼻に着く。
マジで調子に乗り過ぎ。
テヘペロ的な軽さ。
畏れを知らない。
恋愛感情に切なさが無い。
薹が立った女のような言動プラスあざとい媚び。

著者の好みの女性がこれなのかねえ。
赤川次郎さんのヒロインもいい加減嫌んなったけど。
他の男性作家さんにしてもそうだけど、自分の好み出し過ぎ。
女性作家さんだってそうだけどさ。
みんな普通にそんなもんなんだろうけどさ・・・・・。

話自体は面白くなくはないのに。
今回は、過去の強盗団、錠前破り、富くじ、坊さん、な話。
何時もの様に現代の宇田川の手を借りるのだが、今回は少々出番が少なかった模様。
江戸の時代には無理な強引とも言えそうなやり方、ちょっとは考えたらどうなのスタンガンとかさ。
宇田川も心配してる・・・というか、伝三郎に不信を抱かれてるの見抜いてるじゃないの。
それでも大丈夫と高を括るのは傲慢さなの?アホなの?いやアホじゃない設定だよね。
今回の事件、江戸時代の人がこんなバカとは思えない。というのが正直な感想。

で何時もながら何が気に食わないか考えたら、思い付いたのが、
韓流ドラマに似てるってこと。
韓流ドラマ別に見たこと無いんだけど(笑)、ヨン様?のナントカってドラマ昔流行った時にチラっと見たんだけど15分保てなかった。とてもじゃないが見るに値しなかった。よくあんなの流行ったよなあ訳分からん。
見てないのに何で言うかというと、聞いた所、アチラのお話しはシンデレラストーリー的なものが多いとか。
私の知り合いにも好きな人がいるにはいたんだけど、シンデレラストーリーと聞いて成るほどと納得してしまった。その知り合いは現在鬱病・・・・・。まあ関係ない話。

この先ネタバレかも

優佳が現代の生活に行き詰まりを感じてて、江戸時代に来ると生きてるという実感が湧くという、自分探しのタイムトラベルだと最初から言っている。
それって逃げだよね。
今回の話の中で腕の良い錠前師猪之吉に対して、

自信はあるのに認めてもらえない者は、認めてくれる相手になびく。相手が何者であろうと。それは古今東西みな同じだ。

との思いをおゆうが抱くが、それ、自分のことでしょうと即座に突っ込んだわ。
現代で自分の能力を認めてもらえなかったのかしら?
自分の思い描く通りにいかなくて虚しかったの?
友達もいたのに、楽しくなかったの?
バブル後の社会で育ち生きてきて先に何も見出せない。
まったく別の世界に来て、空も町も人々も吸う空気も何もかもが本物。
自分のことを認めてくれる当てにしてくれる誰かの役に立ててる、その心地良さは解る気がする。
先の事は分からなくても、それだけは確かで生きている実感に浸れる。
でも、逃げたい思いを秘めながらみんな一生懸命やってるのよ。
どんな形のものかは知らないが誰も皆憧れしかし手に入れられないシンデレラの靴。
過去への通路というシンデレラの靴を、自分だけのサイズのそれを手に入れた優佳。
そこで好き放題やって認められてるのは現代の力のお陰でしょう。
現代で力になってる元は、優佳と同じ思いをしながらそれでも頑張ってる人達の積み重ねなんじゃないかな。
先の事は考えない。
今の自分さえ良ければ良い。
そんな風にもとれて。
江戸の時代へ行ってもひっそりと癒される時間を味わっていた優佳のおばあちゃんとは、現代の中での時代の差なんだろうか。
あ、まずい、、、だんだん優佳に同情心が湧いてきちゃった。

伝三郎がまたもう甘くて甘くて、ちょっとは毅然としてほしいもんだわ。
優佳の正体に気付きながら楽しんでいるところが頼もしいっちゃそうなんだけど。
その内、優佳が伝三郎の故郷や家族がどうなっているのか、見に行く時が来るのかもしれない。

何だかシンデレラストーリーで別の事言いたかったのにズレてきちゃった(笑)。
仕方ないから次も買うわ。

憂国のモリアーティ見た

憂国のモリアーティ 6 (ジャンプコミックス)


6巻目を読んでたんだけど、もういいかなって思った。
てか全部読んでない。途中でやめて後半絵面だけツラツラとページを送っただけ。
自分には合わないって思った。

どうしてもホームズが・・・駄目だわ。
ホームズの本なんて実はまともに読んだこと無いし、あっても遠い昔で忘れちゃった。
今はグラナダTVのドラマシャーロック・ホームズの冒険、ジェレミー・ブレッドのイメージから抜けられないのと、図書室で読んだ児童向けのシリーズのホームズが人物像を壊さない程度の当たり障りない感じで私の中で定着している。
漫画だしー別物だしー主人公はモリアーティだしーと思ってここまで我慢したけど、アイリーン・アドラーには駄目だわ。
ホームズが中途半端でね。
人情家になっちゃった分、推理力にキレがない。

モリアーティ側が同じ人間ばっか。
三人で一人って言ってるんだからいいんだろうけど。
つまんない。
話がただの裏のかき合いごっこ。
ホームズの方はモリアーティの正体分かって無いから、そら分が悪い。
おやすいなさい・・だか、こんばんは・・だか美味しいとこだけは確り入れてるのな。
本を閉じた直後は色々と思い浮かんだけど、それも日が経って忘れてしまった。
また気が向いたら読めばいいかな。

応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。