Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密 2007特別編分析

清水玲子作

四巻まだまだ疑問の続き・・・
書こうと思ったけど、・・・もう忘れた。
また思い出したら書こ。

だから、2007特別編、ぅぅぅ・・にした。
はぁ~、溜息しか出てこない。
なんかもう山ほどの、言えない内側が、痛々しい。   した

前にも書いたが、薪さんは何時から眠れなくなったのだろう。
何故眠れなくなったのだろう。
薪さんの頭の中には、恐ろしいほどの様々な秘密が蓄積されていると思う。
パンクしてしまうんじゃないだろうか、限界は無いのだろうか。
次々に起こる事件、解明のために見る秘密。
それは、多分第九の皆が抱えていることだと思う。
それだけで言えば、共通の・・・まあ、仲間がいると思えば気持ち的には救いがあるかもしれない。

それ以外の秘密。
となると、薪さん個人の問題。
それが中身が濃い。しかも別々に見えて、どこかで一つに結びつく。
結論から言うと、全てが鈴木に結びつく気がして仕方がない。

社会を揺るがすような大きな事件でも、真実は曲げられて世間に知らされる。
決して表に出されてはならないことも薪さんの頭の中には少なからずあるのだろう。
それが薪さんの意に反することでも、第九の全てを人質に取られれば尚更、
正義感が強ければ強いほど、そのストレスだけでも並大抵ではないと思う。
しかし、それだけでなく、鈴木・・・・・
鈴木が抱いていた第九への夢や希望。
常に思い浮かぶ鈴木の信念。
それをも一緒に背負っているような薪さん。
結局は、夢や希望も砕かれ信念さえ曲げられ、一人で耐えなければならない。
鈴木が生きていたら、、、
生きていたら、なんと言っただろう。。。
一番、傍にいてほしい人なんじゃないだろうか。

容姿が鈴木に似ている青木。
青木に鈴木を重ねてしまう薪さん。
縋りたいとか、頼りたいとか、分かち合いたいとか、何かしら青木に抱いても不思議ではないと思う。
そして、その悩みながらも真っ直ぐに仕事に情熱を傾ける姿を見ていたら、
鈴木の二の舞には決してさせたくないと目が離せなくなって当然だと思う。
ましてその青木は、自分を憧れていると、理解しようと努力し、危うくなりそうな時には何故かいつも側にいる。
心を許したくなって、傍にいてほしいと願って、好きになって、、、
そんな風に想いを寄せるようになってもいいじゃないか。。。

ただ、それは決して感情のままに吐き出していいことだとは薪さんは考えなかった。
客観的に見て、自分自身にそこまでの自覚があったのだろうか、という疑問がある。
また前もって、雪子と会ったらどうなるかということも予測済みであったからだろう。
それ以前に、同性であることも。
最初から想いを交わす中になるところまで考えてはいなかったのではないだろうか。
気持ちと頭がバラバラな感じ。

青木が第九に入ってきた頃は、聖書を抱えながらでも、眠れていた。
それはまだ、人に聞かれて困るような何かを口走る懼れがなかったからか。
青木が初めて薪さんにあった時、眠っていた薪さんに思いっきり寝言で口説かれて(笑) 掴まれてる。
あれは、別に聞かれても良かった範囲なのか?

眠っている間に何か、喋ってはいけないことを口走るのではないかと、思うようになったのはいつからか?
眠る時にいつも持っていた聖書は・・・その後出てはこないが、描写がないだけ?
先ほど、薪さんは青木に対する気持ちを自覚しているのか、と書いたが、
やはり自覚していたのかも。
自覚したからこそ、そのことで何か言ってしまうのではないか、聞かれてしまうのではないか、そんな不安を持ち始めたのかもしれない。
部屋の隠しカメラやマイクなどないか注意するのも、知らない間に口にした名を、読まれまいとするが故なのではないか。

ずっと他人の秘密を見てきた、そんな自分だけが死後も秘密を守り通すことなど許されるのか・・・
と薪さんは考えている。
もし、許されないのなら、、、守る秘密は少ない方が良い。
もし、許されず暴かれるとしたら・・・。
何故秘密を守り通したいと思う?
暴かれると困る?
誰かが迷惑を被る?
死んだ後自分で自分が見られるとしたら、そんなあとでの自分でも嫌だと?
決して、何処其処の大臣やら政治家やらのことを考えてのことじゃないよね。
本当の意味で個人的なこと。
本当の意味で自分の胸の中だけで取っておきたいこと。
知られると、大事なものが壊れてしまうんじゃないかと思えるもの。
それは、やはりココロじゃないか。
誰かを想うココロ。
誰かを大切に想うココロ。
何かをしたこと、言ったこと、そのものより、
それによって、暴かれる大事なもの。
大切なものを傷つけてしまうのではないかという恐ろしさ。
・・・一番最初の話、ゲビンを思い出す。
・・・貝沼の脳を見た鈴木を思い出す。
この人たちが大切なもの (聖域) を守るためにしたこと。
祈るように、鈴木 と呟く薪さん。

今、薪さんの心は鬩ぎ合っている、静かな理性の下でもがき苦しんでいる。
だから眠れない。
眠れないから、眠る為に、とった手段は、
誰かに身を任せること。
一時でも我を忘れ気力も体力も使い果たし、疲れ果てて、意識を失うよう、
そんな風にしかもう眠ることが出来ないほど、追い詰められている。
勿論余計な秘密は持たないよう目隠しをして。
・・・そこまで青木を想っているということなのね。

と、私は考えてみた。
眠る為の手段とは、、、これは二次創作もの読み過ぎとか言われても仕方無いような。。。
そういう方面から取り入れた知識だから、いや知識っつーの?こういうの。
でも、それでしっくりくる気がするんですよね。うん。
とかなんとか言っちゃって、実は、ここの目隠しとか、相手が・・とか、読んでる時なんにも考えてなかった。
ただ、1人で普通に寝る時までそういう風に目隠ししないと落ちつけないんだなって、ああ薪さんて可哀そう・・・と思っただけだった。
他のサイトさんで見て、え?と思って四巻見返してみたら、おおっ本当だそういうことなの、と気付いた思いっきり鈍でした !?

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1013-10655cdf


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。