Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓

氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
(2001/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る

主人公は高校一年生の男子。折木奉太郎。
姉と同じ高校に入り、今世界旅行中のその姉から、古典部に入部するよう手紙で命令される。
常に省エネ志向・・・自分の活力に対してという意味で、要は何にもやる気なし。
そんな主人公が部員のいない廃部寸前という古典部に入り、同時にワケ有りで入部し部長になった千反田える、旧友福部里志、伊原摩耶花と四人で、学校に纏わる謎を解いてゆく。
うーん。。。
私はあんまり好きじゃないかな。
特に面白いとは思えなかった。
主人公以外の三人、特に千反田が、頭っから奉太郎に頼りっきり。
自分で考えりゃいいじゃん、と突っ込みたくなる。
何にも興味無い、関わりたくないと言いつつ、拒むことさえ省エネ主義に反すると流されるように進んで?コトに巻き込まれる。
なんだか違和感ありあり。
何も考えていないくせに、周りが出すだけ出したヒントに、ポンと答えを出してしまい、結局いいように頼りにされてしまう。
美味しいとこだけ持ってくのね、主人公だから。
そんなもん、ちょっと考えれば誰でもわかるんじゃない・・・だって他の三人の方が頭いいんでしょ。
なのに、解決の部分だけ奉太郎に全員期待するのは訳がわからない。
この業とらしさが私の嫌いなところ。
せっかく「氷菓」の謎が良いだけに、この主人公を持ち上げたいだけの展開が残念。
あと話し方。いったいいつの時代の高校生よ。てかこんな難しい言葉使う高校生いないって。。。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1073-818ab01e


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。