Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まりのための終りの物語

最遊記外伝 (03) (ZERO-SUM COMICS)最遊記外伝 (03) (ZERO-SUM COMICS)
(2007/07/25)
峰倉 かずや

商品詳細を見る

まずは、ツッコミをいれたい。
・・・悟空って、手枷足枷20kg×4+自分の体重で、重さ100kg以上あるんでしょ。
それで、桜の木に昇っても枝がバキッて折れるんでしょ。
で、落ちた下の金蟬がよく無事でいるよね。ふつー死ぬよね金蟬。
意識失くした悟空を抱えて走ったり、
片手で手を掴み、片手で綱掴んでぶら下がるなんて、、、無理だって。
ひょっとして金蟬てめっちゃ力持ち?!
体力皆無と設定資料にはあるけど。。。

最遊記の最初に、ほんのちょっとだけこの人たちが出てくるのを何だろう?と思ってだけど、
その絵から察するに、過去に悟空はこの人たちと関わっていて、きっとみんな死んだんだなと解る。
でも、本当にそれだけで、いったいどこの誰なのか、悟空とどんな関わりがあるのかはわからない。
ただ、この三人は死んだというのが推測できるだけ。
あ、でもアニメから先に見たから、天界人であるのはわかった。(・・・・あれ?なんかもう昔過ぎて定かじゃない。。。)
だから外伝を読むときは最初から、この人たちは死ぬんだと解って見てるから、
もう、何につけても悲しくて悲しくて、どんな場面見てても泣けてきた。
何故死ななきゃならなかったのか、
どんな死に方をするのか、
それが恐くて悲しくて、最終巻出た時すぐ買ってたのにずーっと読めずにいたわけ。

死が存在しない天界で、仕事と言っても書類にハンコ押すだけの、ただただ退屈な日々を送っていた、観世音菩薩の甥、金蟬。
そこへ下界の花果山の岩から生まれたという子供が連れられてきて、金蟬が面倒をみるハメに。
 金蟬のことをきらきらして  たいようみたいだと言った。
金蟬の退屈な日々は終わる。
名を「悟空」‘目には見えぬ物を 悟ることのできるもの’とつけた。
そこから死ぬまではそんなに長い期間じゃないはず、特に永遠の時を過ごしている天界人からすれば、恐らく一瞬の出来ごとだと思う。
この瞬間、忘れていた生きていることを実感し、
 精一杯踠いた。

捲簾は優しい、
父親李塔天の命令でナタクが悟空に襲い掛かった時、間に入って止めさせようとする。無理だけど。
‘この二人を戦わせちゃいけない’って、
友達が友達を殺し殺される、お互い望んでもいないそんなことを絶対にさせちゃいけないと。
転生ではないというけど、兄貴分で心底優しいところは、やっぱり悟浄でしょ。ついでに女好きも。。。

ナタクが死んだと思った悟空は、妖力制御装置の金鈷も壊れるほどの妖力を発揮、斉天大聖の姿を現す。
悟空を庇った金蟬、天蓬、捲簾までも謀反人にされて捕えられようとする。
金鈷が外れている間の記憶が無い悟空は自分のした事がわからない。
4人は謀反人らしく天界を脱出するべく画策する、そして途中バラバラになっても、また
 下界の桜の下で会おう
と約束する。
そして、捲簾、天蓬、金蟬は悟空を守るために一人また一人と悟空の前から消えてゆく。
大罪を犯した罰として、五百年の孤独。記憶を消され岩牢に幽閉される。
・・・ただ「悟空」という名前だけを残されて。
五百年後、やってきた人は、
 きらきらして たいようみたい な人だった。。。

正直、この最後が一番泣けた。泣けて泣けて仕方なかった。
なんだろうね、このせつない感覚は・・・・。

その「結末」は決して無意味ではない証拠として最遊記がある。
と、輪廻転生には否定的だと作者は言うが、私は輪廻転生であってほしい。
ただ悟空を取り巻く人々の「森羅万象」だと言われたら
ああ、そうなのかと・・・納得しなければしかたない。
死の無い天界人が、死をもってしても守ろうとした存在、
悟空が、生きてそこにいることこそが、
 あの三人の生きた証しなのかもしれない。
・・・本編の三人がこれと同じ道を辿りませんように。
絶対死んでほしくない。。。

蛇足。。。
悟空って、金蟬のこと、「たいようみたいだ」っていうけど、
あれ、岩から生まれたとき、空に大きな月が出ていて、それを「たいよう」だと勘違いしたらしい・・・。
だから、正確には金蟬は、「おつきさまみたい」 なんだね。
そーだよね、金蟬も三蔵も、太陽ってよりは断然「月」だよねぇ。美し~よね。
金蟬が螺旋階段で落ちた時、捲簾が危うい所で手を掴み金蟬を助ける。
「手のかかる親子だぜ」って言う捲簾に「うるせえ」ってちょっと焦って赤くなるの・・・
萌え ラヴ

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1286-4b75e49c


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。