Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ODA×SAKURAI

SWITCH vol.27 No.12(スイッチ2009年12月号)特集:永遠のこども[尾田栄一郎×桜井和寿]SWITCH vol.27 No.12(スイッチ2009年12月号)特集:永遠のこども[尾田栄一郎×桜井和寿]
(2009/11/20)
新井敏記

商品詳細を見る

Switch での尾田栄一郎と桜井和寿(Mr.Children) 対談
私、、、桜井和寿さんて知りません。Mr.Childrenて知りません。。。
名前は聞いたことあっても興味ないから、どんな音楽を作ってる人なのかわからない、多分曲を聞いたらああこれか・・と思うかもしれないけど。
来月から始まるワンピの映画「STRONG WORLD」の主題歌を歌う。
尾田先生はMr.Childrenが大好きで、本当は映画の方の仕事をやりたくなかったけれど、断りきれずにやる条件としてMr.Childrenに主題歌を頼むことを出したそうな。
もう試写で観た人などは、合うと言ってるみたい。あのテレビ版の歌でさえなければもう何でも良いと思ってるよ私は ぐぬぬ

尾田先生は、とことん「少年漫画」に拘ってるんだなってよく解った。
感動するとか、泣けるとか、そんなものではなくて、「カッコいい映画」を作りたいと、最初に考えていたプロットを白紙に戻してまで、ワクワクする「少年漫画映画」に拘ったそうです。
そういう意味では、凄く期待できそうで観るのが楽しみなんだけど、、、この雑誌の記事に載っている尾田先生の言いたいこと、最初から最後まで 「少年漫画」 それだけ。。。
少年誌に載っているからそりゃそうなんだろうけど、15歳の男の子が一番楽しめることを中心に置いて描いていると。
ワンピのファンて、子供から大人まで男子は当然だけど女子だっている幅広い読者から愛されてる作品だと思うの。
ていうことは、みんなどんな人もワンピ見て楽しんでる時は、心は15歳男子!・・・・やだわ。
作者はそれでも、読んでる・・見てる人が、どこをどうして楽しむかは自由だしね。
寄せられるファンレターも、一番意見が聞きたい男の子が無くて、女の子の黄色い声ばかりだと、なんだか嘆いているように聞こえるのは気のせいか・・・・・?
それは違うでしょ尾田先生、今日日の女の子はキャーキャー黄色い声なんて上げないでしょ?
最近の女の子声低いし・・・そういう問題じゃない。。。てかよく聞いてみると、結構今の子ってそんなもんらしい。私は今時の女子って割と大人で落ち着いてるのかと思ってたけどそんなこと無いんだね。
いつの時代もそれは一緒か。。。
そういう女子の意見に流されている漫画家が沢山いると・・・尾田先生は言ってます。
それでは「少女漫画」になってしまうと。
・・・私ジャンプどころか少年誌なんて見ないし、、、見てるのはワンピだけだし、、、
だから他の「少年漫画」がどんなだか知らないし、何を持ってして「女子の意見に流されている」としているのかもわからないけど、、、
そんなの、男子女子とかの問題じゃなくて、作家さんが自分は何を描きたいと思って作品を作っているか・・・だけのことじゃないのかな。
少年、少年て、今・・昔だって結構いたと思うけど女子だって(お兄ちゃんやらいる女子なんかとくに・・)純粋に男の子の漫画好きって子いるよ。
逆に今の男の子は女の子よりオトナシイ子なんかも多かったりして・・・、セーラームーンやプリキュア好きな男の子だっていると思うよ、実際いたし、スケベな意味じゃなくて。
たとえ量としては、黄色い声が多いとしても、今はファンレターだけじゃなくてネットやいろんなところでいろんな意見て聞けるんだし、そういうところで男子女子で区切りなんてないと思う。
沢山の意見の中から、何をとってきちんと聞いて答えるかは、それぞれ作者自身の考え方や度量の違いでもあるんじゃないのかな。うまく言えないけど。
それが女子の意見に流されている人が多いととるのかもしれないけど。
ファンレターの女子より男子の方が少ないというのは、今の少年たちそのものも尾田先生の考えてる少年たちとは違ってきているということかもしれないし。
・・・ふと思ったけど、その、数の多い女子の意見に流されているというのは、要は、その方が受けが良くて、瞬間的でも人気も上がる?、よってお金が儲かる。。。=少年漫画誌で少女漫画を描いてでも金儲けの方向に流れる・・・
そういうことを言いたかったのかな、ひょっとして。
まーねー、確かにねー、家の子らでさえ言うもんね、ジャ●ぷは酷過ぎる、あからさまで嫌気がさすと。
いーかげんにしろ、ってボロクソ言ってる。ホントにボロボロに突き放してる。そのわりに何見てか知らないけど、ゲラゲラ大笑いしてるし・・
儲け主義に走ってるジャ●ぷとフ○テレビ。。。
中々、自分の趣味だけに走って人気が出る・・というのは無いのかも、尾田先生くらいのもんで。
そう!絶対、本人も言っているけど、ワンピって尾田先生の理想だよね、前から思ってた。
漫画なんてとくに、どんな映画やドラマや小説より大袈裟でありえないものじゃない?
どんなものが沢山の人に喜ばれるか・・・じゃなくて如何に描いてる自分が楽しいと思うか、なんだと思うわ。
尾田先生はルフィやゾロが好きだと言ってた気がするんだけど、それはある部分尾田先生のカッコイイと思う理想なんだと思う。
そして、実は私が思ってたのは、サンジってやっぱり理想なんだと思う。
だって、沢山のいろんな女の人に現実世界でメロリンなんて絶対できないでしょ?
サンジは女風呂の覗きにとてもご執心だけど、それって尾田先生がしたくてもできないことの一つなんだと思ってたわ。したくてもできないからサンジにさせてる~(てかサンジでもまだ夢の段階?)。女の人にだらしない・・絶対逆らわない優しさ(笑) デレデレと口説きまくるカッコ悪いのやどっかでズッコける不憫ともとれる3枚目なところ、それすらも自分じゃなれないある意味等身大の理想。
サンジは愛の人、スケベで口は悪いけど、一見女性にだけ優しいように見えて実は誰にでも優しい。
裏工作的なこともできて、ルフィやゾロからは一歩下がったところにいるようで、いざとなると思いっきり全面でも戦える。なにか大人の男の美学のようなものを感じる。
それとひたすら硬派なカッコ良さだけを追求したようなゾロ。
人って、いろんなタイプのカッコ良さに憧れたりして、一つには絞れなかったりすると思う。
だから、役割分担みたいにして、理想をそれぞれに分けた気がするのね。
ワンピって、尾田先生の内側から滲み出てきた理想と趣味を本能で物語にしたような漫画だと思う。
実年齢幾つになっても、15歳の本能に還ることができる(?)尾田先生はやっぱり凄いな。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1374-46d7b01f


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。