Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3000年の密室

3000年の密室 (光文社文庫)3000年の密室 (光文社文庫)
(2002/03)
柄刀 一

商品詳細を見る

ヒロインのお喋りバカ女・・・などと言ってしまったが、そんなことはどうでもよくなってしまった。。。
私は、縄文人が好きだーー!・・・かも。
これ、感想ってどう書けばいいのかな。
いつも見たり読んだりした後に、他の人の意見に感化されるのは・・・と思ってレビューを見ないで感想を書く主義だけど、これは他の人のレビュー見たくなった。
なんたって、普段児童書しか読まないような まったり 私の頭にはレベル高すぎて。。。
だからちょっと後の解説を参考にしてみた。
三千年前縄文晩期に生きていたと推定される男性ミイラが、中部山岳地帯のとある洞窟から発見された。この洞窟は開口部が内側から石が積まれて塞がれていた。しかもミイラは石器によって後ろから刺殺され、死後に右腕を切断された形跡がある。が右腕はそこには無かった・・・。
考古学史上最大級の発見から始まるヒロイン含む人間模様・・・みたいな感じ?
このミイラだけで言えば、この古代からの密室殺人と、縄文人ミイラ自身の学術的ミステリー(?)・・・密室の謎は最後には解き明かされるけど、それはまぁ普通誰でもきっと想像くらいできるよね。
でも、それをただの下っ端(?)研究員みたいなヒロインが解明するのは、何かご都合主義みたいに感じた。
そして物語後半になってからやっと?現代の人間が一人行方不明になり、死体で発見される。
それはミイラの発見者である館川民夫。この人は大学で理学部管財課長をしていて、過去に古美術の偽造に関わって不正な利殖を行っていた。
死体が発見された時、事故か他殺が解らない状態だったが、状況から警察は事故と断定。
しかし、ヒロインの弓岡真理子は何かがひっかかる。。。
この現代人の方の前に、縄文人ミイラのミステリーを解き明かすべく専門家がいろいろやるわけだけど、、、
その推察、推測、推理・・? これが面白かった。
何度も言うけど、私は歴史が大の苦手で何にも知らない、興味もまるでない。
なのに・・・。
サイモンと名付けられた干からびた一人の人。三千年前には生きてこの地を歩いていた。
何処から来て何処へ行くつもりだったのか。 何故こんな山奥にいたのか。何故殺されなければいけなかったのか。
解剖などされることによって一つづつ解ってくる事実。それでも解らない事実。
縄文人として不似合いな持ち物、それによって覆される歴史、決して認めようとしない学者たち。
サイモンが口を利けたらいいのに。馬鹿な現代人たちを大笑いするかもしれない。
歴史の事実は現代人が考えるようなものとは、本当は全然違うのかも知れない。
3000年前だろうと、300年前だろうとその場にいて、自分の目で見て耳で聞いたことじゃない。
一人の人の行動が、どんな状況で何を思ってどう考え出したものなのかなんて、誰にもわからない。
今だって人が心に思うことなんて誰にもわからない。ただただ結果があるだけ。
その裏側を他人が憶測で決めるのがなんだか納得できない・・というか。
だから私は歴史のお勉強が嫌いなんだな。勿論年号覚えるのもめんどくさいし。
でもヒロインたちがこのサイモンの謎を解き明かそうと一生懸命に3000年前に想いを馳せて、想像の中で生きて動いているサイモンの姿に私まで愛着が湧いてきてしまった。
一つ一つの僅かな事実を繋げて、サイモンの真実を探る、そこで明らかになっていく人となりが、堪らず愛おしくて涙が出てしまう。
何を考えていたのか何を思って旅していたのか、最期の時に伸ばした右手が歴史の真実を、サイモンの真実を裏付ける。
最後にはサイモンに泣けて仕方無かった。
というわけで、家では今、縄文人ごっこが流行っている・・・私一人で あはは
いや、特に何する訳でもないけど、縄文時代ってどんなんかなぁって、、、美容院3年行かないとか、髪切るの黒曜石でとか、お湯を沸かすのにまず木を擦って火をおこすとか、毛皮着て外歩くとか、竪穴式住居に二段ベット利用とか、、、まあお喋りに花咲かす程度 しずく
好きだよ縄文人。
で、本の感想はどこいった?

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1446-bf46704b


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。