Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オパールの策略 アルテミス・ファウル

アルテミス・ファウル―オパールの策略アルテミス・ファウル―オパールの策略
(2007/03)
オーエン コルファー

商品詳細を見る

なんだってこう、、、最近やたらと"死"という単語が身近に目につくんでしょ。
勿論紙面上キャラ的位置に置いてなんだけど。
エースに始まり、李歐にしたってそれと同等で他に読んでたものでも深刻ではなくてもそんな言葉で内容が進展したり、でまたこのオパールの策略では、ルートが・・・。
信じたくないけど、こればかりは奇跡でも無理。

本を開いて最初に見るのが、目次。一通り章のタイトルを見てそれから読み出す。
推理小説を読んでる途中でもつい一番最後のページだけをチラっと見てしまう悪い癖。これが最近では無くなって来た。どうしても最後を見てみたくなるほどの面白さがないものか、そんなこと思い付かないほどの余裕もないものか・・・アルテミス・ファウルは後者だね。
今回は、目次のタイトル、最後の章でドキっとさせられた。
"最後のさよなら"・・・ええ?!
さよなら」なの?アルテミスとホリーには再会がないの?グスン(/_;)
とにかく読まなきゃ始まらない。
そんで、、、読み終わってみて、なんで"最後のさよなら"だったのか・・・わからん。
ちっとも"さよなら"すらしとらんじゃないかー!
良かった~良かったよ~こういう裏切りは嬉しいよ、でもそれならそんなタイトル付けなくたっていいじゃん。
うーん、何がさよならなのか後でゆっくり考えよう。

私は、性別が女というものが出てくる物語りだと、俄然読む気力を失うのだけれど、
この可愛い妖精ホリーだけはとっても大好き。勿論少年アルテミスも大好き。
ホリーが最初に出てくると、いつアルテミスは出るんだとワクワク。アルテミスが最初に出てくると、早くホリーを出せ~とワクワク。
二人が出ないと、つまらない気がしてさっさと読み進める。
なんだろう、この二人には何故かワクワクさせられる。
少年は犯罪の天才で・・・片方は見かけは少女の様だけど立派な大人な妖精だからかな。
助け助けられる、協力し合うのに甘さなどなく、互いに役割がきちっとしてて今するべきことを考えそれを信頼して行動を起こす。
何か気持ちいいし、安心感がある。展開は激しいし何度も危機に陥るのに。
今回は、いったい何度絶体絶命を繰り返したやら。。。

ホリーの好きなところは、今時によくありがちな変に突っ張ったり意地を張ったりするところがない。
いつも慈悲深く優しいけど、でも流されずにその時、何をどうするのが一番いいのか考え実行する。
判断力があって勇漢だ。どんな窮地も一か八かで切り抜ける。
いつも大人のような口を利く自信満々のアルテミスが、どうしようもなくホリーに頼ったり体力が無くてヨレヨレになって反省めいたことを漏らすのも、ただの鼻持ちならない少年にならないところが良い。
物語のどこをとっても、私の好きになるツボがちゃんとある。

この"オパールの策略"では2巻目に悪役で出てきたピクシーのオパールが復習のために、妖精の世界と人間界を戦わせて自分が世界の頂点に立とうと目論む。
ホリーが父親のようにも思っていたルート司令官も罠に嵌り命を落とし、その容疑者としてホリーも追われる身に・・・。
ルートは死んでほしくなかったな。。。
児童書にしてはとても過酷な内容だったと思う。
でも、同じ児童書で過酷な「ハリー・ポッター」なんかとは比べ物にならないくらいこっちの方が素晴らしい。
まぁ、物語の三分の一くらいはよく解らないハイテク機器の説明に当たるとしても、遥かにホリーたちの方が楽しいし無理もないように感じる。
もう英米では5巻目がとっくに出ているみたい。早く読みたいな~。
番外編なんかも3冊くらい出てる。なんで翻訳されてないの?読みたいよ。。。
そして映画化の話が何年も前からあったんだね、知らなかったけど、どうなってるのかな。
もう公開したのかな、それとも立ち消え状態?
でも、「ダレン・シャン」だって何年もかかってやっと今月だし。
情報がなんにもないから分らない。あー英語が読めればいいのに。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1496-e72cd5c3


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。