FC2ブログ



Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2019/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
選挙で選ぶ参考に
林原チャンネルのお二人
馬渕元大使の本
超お勧め
カミカゼじゃあのさんの本
お奨め
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ニコニコ動画お気に入り

合田と加納 マ・照(文)

 文
合田刑事のシリーズ・・(と言っていいの?) まだ「マークスの山」と「照柿」だけしか読んでないけど、
この合田と地検にいる大学時代からの友人加納に、「秘密」の青木と薪さんを重ねてしまう私はやっぱり病気でしょーか?
この二人しょっちゅう顔を合わせいる訳ではないし、加納は本編中たま~に・・度々?しか出てこない。
合田が捜査に行き詰まったり踏み外しそうになったりそんな時に加納が影から助け舟を出すように出没する。
加納の双子の妹貴代子と結婚した合田。
双子ということは、当然容姿も性格も似ていると思うワケ・・加納の場合性格はどうなんだろう?
それが、薪さんと雪子が似ているということと被って。
・・・でもそこだけなのかな・・・・。
合田は自分の生活がないくらいガンガン仕事してて、結局離婚してまったのも表面的にはお互い仕事が忙しい擦れ違いが悪化して故のことにみえる。
あ、その前に貴代子のことで合田の仕事上差し支える事情が発覚したというのがあるか。
「照柿」では美保子に一目惚れしてその愛人であり合田の幼馴染の達夫に対して嫉妬心をむき出しにするけれど、結局執着心は別の所にあると悟る。貴代子とも振り返ってみれば、結婚生活の中でも殆どその本人のことを見ていなかったと分析している。
高村薫さんの作品3作品しか読んでないけど、その中に出てくる夫婦って女の人がプロポーズしてるのね。離婚するのも女の人の方から。。。
男の方は、しっかりした愛があるのかないのか・・・流されているようにも見えるんだけど、執着もあったりなかったり・・・。下半身事情と考えるのが一番理解しやすく思えるのがヤだ。
男ってよくわからん。
加納が、妹と結婚をし離婚した男と疎遠になりつつも切れそうになる糸を紡ぐように手紙を出す。東京に転属になってからは合鍵で留守の合田の部屋へ出入りし、部屋の掃除までするというのは・・・。
この二人の心理が微妙でよく解らない。高村さんの書く心理描写はものすごいと思うのよ。でもそれでも解らない。
そこはかとない何かがあるのは解るんだけど、こう、なんというか、ドカンとしたハッキリしたものがなくてもどかしいというか。
だいたい、友人の男が自分の妹と結婚するという、それがどんなものなのか、そこからして解らないから・・・。
めでたいめでたいと素直に喜べるのが普通なのか、
それとも、親しい友人を妹に取られる・・・大事な妹を友人に取られる・・・という複雑な心境になるのか、
互いに親という家族もなく、3人いつも一緒に行動するなど親しく付き合っていたとしたら、、、3人は家族のような、また男二人に女一人の構図は三角関係にも似て、結婚によってなにかしら関係の構図は崩れるものなのかしら。
合田の方はまだ解らなくもない。だって幸せなはずの結婚という形を自分が壊したという思いがあるだろうから、友人の大切な妹を不幸にしてしまったというそんな負い目みたいなものあるんじゃないかな。
だから、義兄であり友人の加納とも疎遠になりがちなのは仕方無い気がする。
では加納はなんでそれを繋ぎ止めるような態度をとるんだろう。
それとこれは別だという寛大な友情の気持ちなんだろうか。
・・・友情で普通部屋の掃除とかする?
まだ義理でもそれが解消されても、世話の焼ける弟みたいな気持があるんだろうか。
情報のやり取りならまだその範疇のような気もするけど。
加納にとってみれば、妹と友人二人に裏切られたような思いもあるのかなぁ。
なんだかねぇ、加納がけな気で切ない気がするのよ。
微妙過ぎて本当にわからない。
過去にどんな心理状態があったのか加納側に立った物語というものを是非読んでみたい。ないけど。
そんな番外編みたいなの書いてくれないかなぁ。
今までの合田と加納の部分だけを読み通してみようと思ったけど、印しだけ挟んだ所で「レディ・ジョーカー」の誘惑に勝てなかった。
この二人どんな風になっているのかな。相変わらずなのかな。
そこらへんも楽しみな(実はそれが目的だったりして^^;)「レディ・ジョーカー」、読んだらまたこの二人のこと改めて最初から考えてみよう。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1523-734f013f


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。