Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エウセビアと加納2

背教者ユリアヌス (中) (中公文庫)背教者ユリアヌス (中) (中公文庫)
(1975/01)
辻 邦生

商品詳細を見る

ただそれだけでは終わらない。
エウセビアは、アクィレイア離宮で出会った青年を思い出す。まだユリアヌスと知らないころ。
 温和な、夢を見ているような表情の青年、信頼感にあふれた、灰青色の、穏やかな眼
穏やかな、疑うことを知らぬ、不思議な眼ざしを見ると、自分のなかのわだかまり、緊張、危惧、不安が太陽の前の雪のように溶けるなんとも言いようのない、安らかな、温かい、心愉しい気持ちを呼びおこされる
青年の顔を思い出して、眩しいような気持ち 自分の心が奇妙な酩酊感にゆらめく

今度は、まるで合田が初めて加納と出会ったときもきっとこんな風だったんじゃないかと思わせるような、エウセビアの心情。
ユリアヌスと初めて出会ったのは、柱廊で、ユリアヌスが落とした書物を拾ったとき・・・
合田と加納が初めて会ったのも、確か図書館とか・・・合田が落とした本を加納が拾ってあげたとか?だったりして。。。


そして、エウセビアはその心の思いがけない動きを、自分に厳しくある事に慣れていたため、反射的に押さえつける。
その一瞬の押し殺されてゆく感情のなかの心愉しさが消えるのが惜しい気持ち。

これも、合田が知らずに押さえつけている自分の心の奥底、と言ってもいいような台詞だと思う。


ユリアヌスの裁判で再び、今度はきちんと顔を合わせる。
敵の真っただ中にあるという状況の悪さにありながら、無防備にエウセビアをみつめるユリアヌスに、苛立ちを感じるとともに、死さえ恐れていない夢みるような眼に強く惹かれる。
その眼が他の娘を見ると思うと、激しい嫉妬と許せないという感情に捕らわれる。
裁判においてユリアヌスの窮地を救ったディアに対しても、感謝をしながらも二人が会うことのないように、二人を離させる。
政治的にも、ユリアヌスを陥れたい、エウセビアに反対する側の派の方へ力が傾きつつあると分かると、とにかく、ユリアヌスを守ることに必死になるエウセビア。。。
(この裁判のシーンは、面白かった!もしかしてこの巻一番の見どころなのかな!)

「俺を聖人だと思っていたのか」加納の言葉が切ない。
加納だって、きっと嫉妬くらいしたよね。いろんな想いにぐちゃぐちゃしたよね?
ここのところのユリアヌスとエウセビアを見ていると、ああ、合田はこんな風に加納を、加納は合田を、見て想っていたんだと、当てはめて妙に納得してしまう。
加納の場合、エウセビアのように、嫉妬に駆られてなにか策を講じるようなことはしないだろうけど、だからこそ逆に儚さや切なさが際立ってしまう。
本当に、なんかスッポリくるんだなぁ。
それに、この二人に青木と薪さんだって、はまってしまう。
真っ直ぐで恐れを知らない眼、素直で危なっかしい青木を、ハラハラしながら必死に守ろうとする薪さん。
もう勝手にあちこち当て嵌めて楽しんでるって・・・いや楽しいわ。

この辺は、もっとゆっくり考えたいんだけど、先を読みたくて気が急いてる。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1615-393f5762


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。