Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背教者ユリアヌス(中)

背教者ユリアヌス (中) (中公文庫)背教者ユリアヌス (中) (中公文庫)
(1975/01)
辻 邦生

商品詳細を見る

ユリアヌスと皇后エウセビアの出会い、危うく兄と同じように処刑されるところを救われる。
その後、二人は惹かれあうが、互いの立場から会うことも話すこともままならず、そして、皇帝からは、妹であるヘレナとの結婚、ガリア統治のため副帝に命ぜられる。
ユリアヌスに反対する勢力からのさまざまな妨害に苛まれながらも、エウセビアの影からの支えなどもあって素晴らしい功績を上げ、やり遂げる。

別に私はキリストが嫌いとかそういう訳じゃない・・・まぁどっちでもいいけど
それを利用する人や組織が嫌だ。どこの宗教もおんなじかもしれないけど。
荘厳な建造物とか司祭の衣装とか、奉られてる本人はほとんど裸同然で無残な格好してるのに、
なんで崇めてる人たちがあんな絢爛豪華なのよ。
付属するアイテムとかデザイン的に好きだけど、そこから派生してるいろんなもの、芸術的にとか美術的にはとーっても素敵だし憧れるよそりゃ。。。

ユリアヌスは、やっぱりどこかおぼっちゃまだよねぇ。
確かに、一族を殺され、幽閉され、命を狙われ明日をも定まらぬ状況の中で翻弄されてきたけれど、、、今日、明日の食べるものの心配しなくてもいいし、雨が降ろうが風が吹こうがちゃんと屋根の下で寝られるし、底辺の人々に施せる立場にはあっても、施しを受ける立場になった経験はないじゃないの。
明日の命があるかないかの心配の方がそりゃ大きいかもしれないが、
結局、皇族という生まれ持ったものは変わらない。
友達のゾナスや勉強仲間たちは、一緒にいることはできても、ただの一般人、環境も体験することも違っててて当たり前だから、当然経験に基づく考え方や物事に対する意識が違ってても仕方のないことで。
それをあからさまに伝えられないところがユリアヌスの辛いところで、孤独感を味わうのも定めの一つなんだ。
でも、だからこそ、好きな読書や勉強に専念でき、時間に囚われず一人ぼ~っと考え事ができて、その立場だからこそ他の人が知らないことを知り、考えの及ばないことも考えられ、できることがきっとある。

周りの口車に乗って、感情も考えもすぐ変わる単純バカな皇帝・・・
自分で見極めて冷静に判断すりゃいいのに・・・
情報も判断も人任せ、自分の頭使うのに疲れちゃってるのかしら。
いつの時代も一番上に立つ人って、こういうもんなのかね。
今だって、大差ないわ。
歴史ってこういう愚かな支配者の連なりでできてんのかな
本当の意味で、民のためとか国のためとか思って上に立つ人いるのかな
ユリアヌスみたいいに。
ユリアヌスだって迷惑だよね、いちいち反対勢力のいいなりになって邪魔なことされるの。
良い人過ぎるユリアヌスにもハラハラ通り越して、イライラしてくる。
広い歴史の中で、過ぎ去った遠い昔のお伽話みたいにみてるからなんだろうね。
本人たちにとっちゃ、その時が全ての現実で今目の前をどうするかという自分のことなんだものね。
それが過ぎれば歴史になるんだね。
そうだわ、だから私、歴史は好きじゃないんだわ。
お伽話ならいいのよ。うん。

でも・・・おとぎ話でも歴史でも、だんだんどうでもよくなってきた。
やっぱり面白いわ、これ。

とか言って、ユリアヌス・・・秩序、秩序、ってなんか鬱陶しくなってきた
本当にそう思うんなら、キリスト教の前に、あんたの従兄の皇帝をなんとかしたらどう?
ゲルマンを制圧して、大きな功績を上げたのは分かるけど、
なんだかなぁ。。。
私、好きじゃないよ、この人。
理想ばっかの偽善者に見えてきた。
奥さんのヘレナのことを思うとね・・・凄くユリアヌスがイヤな人に見えるの。
自分の奥さん、一人を幸せにできなくて、なんでローマという大国の端から端までの人を秩序でもって自由とする・・・万人を人間として・・・なんて
目の前の奥さんが病んでるじゃないの。あんたの愛するエウセビスが病んでるじゃないの。
それ分かってるのか? 一番身近であるべき人があんたの愛する人にあんたと自分の子供殺されて、苦しんでるの、何故気付こうとしないの? 無責任じゃないの? 結婚して、子供まで作ったんなら、エウセビスはキッパリやめなさいよ。やめないんなら、子供なんか作らないでよ。
自分の奥さんを裏切ってて、よく大衆に向って誠実であること宣伝できるよね。
あんたの信仰は、哲学は、それを許すものなのか? それがあんたの秩序か? 私はヤだな。
気持など頭で簡単に割り切れるものではないのはわかるが、ではそれについて、もっと何時もの哲学みたいに考えて追及しないのか。
この本の中では、エウセビアのことはよく書かれているけど、ヘレナに対するユリアヌスのことがほとんど書かれていないので、このまま受け取ると、ユリアヌスが人非人に思えてきちゃうんですけど。
だんだん鬱になってきたわ。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1616-c618f217


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。