Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木に願う

   THE TOP SECRET
         秘密
         トップ・シークレット2010
      清水玲子

(レディ・ジョーカーや秘密のネタばれに基づきます)
先日から、合田シリーズの合田加納と「秘密」の青木薪さんを比較したりしてきたけど、、、
確かにいろんな意味で連想させることはあるけれど、
決定的に違う事があった。
ものすごく、肝心なこと。
合田は、自分の命を粗末に扱って、加納を裏切るように絶望的に傷つけた。
でも、
青木は、危機を乗り切って、生きて薪さんの基に還ることをやりとげた。
この違いは大きいと思う。
というか、ここを考えていくと、この二つはたとえ表面的にはどうであれ、やはり根本的に違うのかな。
狂気を孕んでいるものが、片方は想われている方、片方は想っている方で、
「秘密」の場合、命の問題で言えば、青木よりむしろ薪さんの方が、危ない立場にあるということ。

たとえば、エウセビアと加納のところで言ったみたいに、
愛した人を失ったとき自分自身もまた失う・・・とすれば、
薪さんも、鈴木が死んだときに自分も死んだと同然になっていたのかもしれない。
鈴木との関係が、恋愛ではないとしても、そのくらいの強い絆があったと想像できるような、今までの「秘密」の状況なのは確かだと思う。
最初のころ言っていたように、薪さんが、何時死んでもかまわない、というように青木に映ったとしても不思議ではない。
その後青木によって息を吹き返したかもしれないが・・・。
でもまだ薪さんの心の底では、それをすべて覆すには至ってないんじゃないかな。
ギリギリのところで、留まっているような危うさ。
どうかすると、ともども何処までも落ちていってしまうような狂気。
目の前のものが幻と消えてしまうんじゃないかと思える、儚さ。
それらをすべて承知していながらもなお立ち向かおうとする・・・
そんな強さまで感じられるのは、一度自分が死んだも同然の想いをしているからではないだろうか。
大切な人を殺した罪
自分を殺した罪
裁かれない罪
この苦しみ以上の地獄があるだろうか
青木はここを理解しないと、この地獄の境界線から薪さんを救うことはできないんじゃないだろうか。
青木なら、やってくれる気がする。。。てか青木がんばれ、目覚めろっ、薪さんを守って。

C

omment

仰の通り
まるっと同意です。
まだ高村さんは未読ですがこちら読んでたら凄く読みたくなってきました。
熱い考察いつも楽しみです。

シーラカンス URL | 2010/06/22 00:30 [ 編集 ]

お久しぶりです!
うわー、同じ意見と思ってもらえると嬉しいです。
ありがとうございます!(^o^)
高村さん、いいですよ~。
初期の作品ほど萌え要素多いみたいです(笑)

レイン URL | 2010/06/22 01:53 [ 編集 ]

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1620-dc7987ba


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。