Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらなポニョ

崖の上のポニョ [DVD]崖の上のポニョ [DVD]
(2009/07/03)
不明

商品詳細を見る

アリエッティを見ようと思って、その前にまだ見ていなかった「崖の上のポニョ」を見てみた。
どちらかと言うと、あまり良い評を聞かなくて、劇場で見た身内もハァ?と首傾げてた。所さん下手とか言ってたし。
でもそのころ、どんなアニメ映画もCGで、素晴らしく綺麗な映像の作品が作られていて派手に宣伝されてる中、CGを使わずに制作されたというのを聞いて、また映像も見て、ああなるほどなと何となく納得した覚えがある。
実際に今見て、もっと何となく(笑)納得した。
私は始まって最初から、何故か涙が出てきて、ずっと最後までウルウルポロポロと泣けてしまった。
感動したんじゃない。何故か本当に何故か・・・。
懐かしいというのかなぁ??? それと同時に、前からひょっとしてと思ってた、今の世の中の世知辛さみたいな・・・飛躍してしまうかもしれないけど。
これを悪くしか言えない・・・というか素直に受け取れない人の多さは、本当に時代は変わってしまったんだなというか。。。

これを見ていたら、昔子供の頃に読んだ日本昔話とか、民話とかふと思い出したりした。トリトンとかピグマリオ(和田慎二)とかも(笑)。
ああ御伽噺なんだなって思った。ファンタジーじゃない。おとぎばなし。
水のゆっくりした動きとか、草木との親しさ、意思のある魚や波、思いの一つで大きくなるおもちゃ、人と人の触れ合う近さ、知らないものを躊躇いなく受け入れる寛容さ、貫く気持ちの純粋さ、、、
みんなみんな、理屈じゃない。
恐いものは恐いと、悲しいものは悲しいと、好きなものは好きだと、不思議なものは不思議なままに、認めて受け入れる。
分からないものにいちいち理由を探さなくても、この現実に無理矢理当て嵌めようとして当て嵌まらず、それを変だと拒否しなくたっていい。
おとぎばなしなのだから。
今の素晴らしく綺麗な映像の作品は、時代に合っていて受け入れることも簡単で、それも良いんだろうけど、きっとすぐ忘れて、どれがなんの話だったか分からなくなりそう。
それは、結局身近に見えて身近じゃないから。
本当のおとぎばなしは、もっともっとすぐ傍にある。自分の隣りにある。
だって、水の柔らかさ恐さも、木の肌のごわごわした感触も、花の蜜の仄かな甘さも、葉っぱで切った指の、後でくる沁みるような痛さも、鮮明なその色と共に、自分自身の体で経験して覚えてること。
つじつまの合わない不思議なことも、遊びに夢中で自然に受け入れてしまう。
意識下に眠る経験は、どんなに時が過ぎてもおとぎばなしを素直に受け入れる。
本能的に理解する人の気持ちや物事の良し悪し、何かのために一生懸命になる気持ち・・・
きっと、今の中途半端な大人や勉強やゲームばかりな子供には、そんなものは身近には感じられないのだろう。
風が吹いても、雨が降っても、その匂いも感じられず、夜空を見上げることもない人達には、この作品で何かを感じることは無理なんだろうな。
そんな風に思ったら、ちょっと悲しくて虚しかった。

私が宮崎駿さんの作品を良いなと思うのは、そういう些細な何でもない当たり前のことを、思い出させてくれるところかな。
生きていくって当たり前の積み重ねが圧倒的に多いから、一つ一つを知らぬふりしてやり過ごしてしまうと、後になって、今まで何やって生きてきたんだろうって、虚しくなってしまう。
感じて楽しんで慈しんで畏れて、生きているからこそ起こる当たり前のことをたまには意識してみようかと。
トトロの森があって、
ポニョの海があって、
見えないものを感じる心をいつまでも忘れないでいられるといいなと思う。
ポニョかわい~

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1676-c355bae2


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。