Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

マークスの山 最終話

なんかやけに爽やかな終わり方だったような・・・。
山、ぜんぜん暗くないし。
なんと中途半端なマークス。水沢裕之役の俳優さん、可哀そうだな。この程度のマークスじゃ演技も吹っ切れないわ。
山へ登る必要性も感じないし、鬼気迫るものも無いし。
一番の緊迫感を感じるはずの場面が、あれじゃ余音もなにもありゃしないし。

女、頼むわ。女出すなよー。
貴代子の意味100%なんもないし。
加納が、合田の義理兄であるという説明のために登場したのかも知れないけど、別に会話で分からせれば十分だ。
この三人で言えば、貴代子より義兄加納と合田の関係の方が重要なんだから。
微妙な関係を現すのが難しいなら、そこにわざわざ貴代子出さなくても、サラっと流せばいいじゃん。
まあ、これならどこにでもいる微妙でも何でもない普通の関係だね。
いやむしろ普通にしたいんだ。それなら尚更貴代子出すな。
根来も意味無い。
ただの気が強い女雑誌記者。なんでこんなとこに意味持たせようとするかな。
お陰でそこいらのただのサスペンス劇場と変わらなくなった。
加納が資料を渡すのが、はぁ?みたいにサッパリ訳分らない。

事件が起こって、それを追っていきました。ハイ終わり。
人間ドラマないし。
役者さんがみんなベテランばっかり(水沢除く)な割に、話が大したことなくて、
役者さん熱が入り過ぎて上滑りっぽい。
音楽でやたら壮大に仕立ててるくせに中身がついて行ってない。

また思ったけど、この音楽、映画「リベリオン」だね。
使い方というか、まんまじゃん。

結局「マークスの山」じゃないわ。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1792-cee3f075


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。