Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のモモ12/16

十二月十六日。土曜日。午前六時半。

 この教会は、今は建て直されて赤い煉瓦のような建物だけど、物語当時の二十年くらい前は、普通に白いコンクリートの建物だったみたい。
内部の写真も見てみたけれど、広く全体に白っぽくて、何だか寒々しい感じがした。
私が知ってる教会と言えば、もの凄く古くてボロイけど、木造で床がギシギシ鳴りベンチに座布団がある何となく温かみがある感じ。幼稚園が一緒だったから、子供の声もして荘厳さとはかけ離れた素朴なところ。

モモが、神の領域に入るなら、せめてあったかそうな所が良かったと思った。
でも、幸田に抱かれていたのだから結局どんな場所でも関係ないのかもね。

幸田は、いつもの肉体と違うのを感じた て、、、
いつもモモに触れていたんだね (*..) ポッ
会話や様子があんまりなくて、モモに至っては心の内が知れるような台詞もほとんどない
読者・・いや作者も知らないところで二人はどんな話をしていたんだろう
どんな風に愛を交していたんだろう
きっと色気はないな・・・私の中ではめっちゃあるけど(笑)
何故かこの二人を思い浮かべる時って、真先にご飯風景になっちゃうのよね
きっと作るのも片付けるのも、手際がいいんだろうなって思う
・・・もう、二人でご飯を食べることもないんだね

両手を組み合わせようとしてもできなかった
まぶたも閉じてあげられなかった
幸田には手の届かないところへ行ってしまった
一人になった途端、この場所を意識する

午前七時。
幸田は、あの夏の明け方、埋めたピストルを再び手にする
師走の大阪、今日、幸田は自分のするべきことをする。最後の日。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1839-750e22f9


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。