Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴィエラ(文庫版上)めも

ジャックがエレノアを爆破してからニューリー、スリーブ・ガリオンの山越えダンドークへ、フォーキルでテロリストと決別、ダブリンからダンレアル、ただの殺し屋になってホーリーヘッドへ辿り付く。
ずっと道を辿ってみた。
この道程は、ジャックがリーアンと二人で生きるための目的でありながら、結果的にはリヴィエラを追うという選択をする、幹からの枝別れ。
いつ折れるともしれない枝だが、本当はジャックにとってずっと前から主軸となるべく影の幹だったのだと思う。

アイルランドは広いなあ。
空が広い。360度半分上は空。雲は灰色と白に輝くどこまでも途切れない美しい波だ。
行けども行けども道は真っ直ぐで、両側の緑は嫌になるくらい果てしない野っ原。
世界はどんなところにも、空と大地と道と自動車がある。走って迷ってまた走る。そしていつか何所かに辿り付く。その繰り返しだ。

ホーリーヘッドまで長かったなあ。。。
国境越えから1時間半ほどでダンレアル・・そんなもんか?私なんて何時間かかったやら、
道間違えたり行き過ぎたり、ずい分ロスしたもんな。
スリーブ・ガリオンの山越え、アイルランドは山があったんだ・・て言っても山っちゅうほどの山か?
でも此処を足跡を消すほどの吹雪の中、もうこれで終わりだと解放感なのか空っぽなのか分からない幻想にも似た意識で歩き行く。その境界線を浮遊するように進む一歩一歩は何に向っていたのか。纏わりついていたものを失くした自由と孤独を感じて寂しさに泣けてきた。
ダンレアルを離れていく船は白くて綺麗で、ジャックが乗った22年前はどんな船だったんだろうと思った。
本当にお金のためだけだろうか。
暗殺を引き受けるのは。
神聖なる皮を取り去った生身のノーマン・シンクレアを、ジャックはどういった形で受け入れていったんだろう。
やはり憎悪のままだったんだろうか。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1890-5401ece9


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。