Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

昔のをちょっと・・

ボクサー [DVD]ボクサー [DVD]
(2003/11/28)
ダニエル・デイ=ルイス、エミリー・ワトソン 他

商品詳細を見る

(1997年/米、アイルランド)監督:ジム・シェリダン 出演:ダニエル・デイ=ルイス、エミリー・ワトソン
リヴィエラやフラクタルに影響されて、久しぶりに「ボクサー」を引っ張り出してみた。(前も書いたかも)
ボクサーだったダニーがIRAに入り、逮捕され14年ぶりに刑を終えて戻ってきた。
恋人だったマギーは結婚して子供もいるが、夫はやはりIRAで刑務所の中。
惹かれ合っていても、IRAの掟は厳しく二人で話すこともままならない。

リヴィエラでよく言っていた、テロリストの嘘、不条理というのが改めてよく分かる気がする。
テロリストとはいったいどこを目指しているんだろう、何を求めているのか。
行動することの結果が、掲げる大義名分に適っているのか・・
集団で結束することで生まれてくる掟に縛られ、掟を破る者への制裁や報復が
大義名分に名を借りた個人の思惑にすり替わる。
真の目的が、どうにもならないところまで来ていても、現状を認められない個々の差で
また悲劇が悲劇を呼ぶ。

この作品が制作され上映された1997年は、北アイルランドとイギリスが和平のための協議を進めようとしているころで、映画の内容も、IRAが分裂してきている状態を描いていた。
アイルランドの歴史は搔い摘んだ程度でろくに頭にも入っていないし、実際そこで歴史を紡いできた人々の気持ちも想像することしかできないけど、いや想像だけ言うのもおこがましいが、本当に複雑で簡単なものではなかっただろうなと思う。
差別と格差社会に貧困、その上個人の自由もままならない。
自分の生まれ育った土地で、自由に生きたい。
個人として自由に生きたい。
ダニーも、リヴィエラのジャックもそういうものを願っていたのじゃないの?
きっと、それはテロリストだけじゃなくて、スパイなどという組織に身を染めてしまった人でも同じじゃなかったのかな。。。

何となく「フラクタル」も、まだ一回目を見ただけだけど、
そこを目指しているものなんだろうかとぼんやり思った。

「ダニー・ボーイ」をこっちに移動。イメージ曲だからね(私的に)。
なんとなく・・・30分くらいあるね・・・でも声が綺麗だったんで・・・子守唄になりそ・・・Zzzz
        

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/1929-96701ba5


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。