Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪さんの聖域

THE TOP SECRET 
  秘密
 END GAME ACT.5
トップ・シークレット2010   清水玲子


久しぶりに「秘密」に帰ってみた。
メロディー6月号の「秘密」で思ってたこと書くの後回しにしてたら、何を思ってたんだかすっかり忘れた(´・ω・`)
しゃーないよねー、パソコンが壊れたのが悪りぃ。

「秘密」って今まで沢山事件があったけど、
結局何なんだろうと思う。
事件はそれぞれだけど、大きくは、一つの流れがあって…。
一番言いたいことを、解ってもらうために、これだけの説明というか準備みたいのが必要だったんじゃないかと、最後の事件を見てると思う…かな?

沢山あるエピソードの中で、私個人的に印象深いのは一番最初の第九じゃないやつ。
アメリカ大統領の殺害事件。
第九でもやっぱり最初の貝沼のかな。
要は一巻やね。
どうしても一番言いたいことがそこにある気がして…。原点というかね‥
「聖域」と「それくらい愛してる」が忘れられない。
そして、「脳」の使われ方。
薪さんが一番あってはならないこととしている
何らかを意図して伝える為に、自らの脳と第九を利用すること。

愛しているからこそ守りたいもの。
死の間際に写真を破り、二度と見ない為に去り、守りたいが故に自分の脳を撃とうとする

聖域を、守るために。

では、薪さんはどうなんだろう。
薪さんの聖域とは、大切なものとは、守りたいものとは、、、
鈴木か、受け継いだ鈴木の意志か、第九か、
やはり生きている人間、青木

今起きている事態に対して、守りたい人
もし、薪さんが青木を守るために、何もかもを捨て感情だけで動いたとしたら…

ふと考えたのが、薪さんが決してあってはならないとした
薪さん自身死をもって自らの脳を公にする…(雪子に脳みそ取ってもらっちゃったりして)
でも、これは無意味なんだよなぁ。
薪さんしか知らないとされている事件の詳細だけど、実は青木も知っているし鈴木の脳でも知ることはできる訳だから。
薪さんが青木に口止めしたところで、聞く人と違うし、
公表したければ、鈴木の脳から抜粋して見せればいいもん。
公表することで、秘密であることをなくすって無理やん青木がすでにやろうとしてボツになった。状況は前と違うけど。その前に上からつぶされるやろし。

いや、ズレたわ、事件のことはどうでもいい
いやいや良くはないけど。。。

今まで薪さんと青木の関係は、事件の度に影響され変化してきたと思う。
今回のことで、また二人の関係はどう変わるんだろう。
深まり、そして離れていく、漠然とそう思った。
心は繋がり満たされるが、身体は離される。
相手を思うほどに…
それが原点の形だから。
聖域、とは何かとまだ分からない
大切にしたい対象そのものなのか、
大切にしたい対象を思う自分の心の中の部分なのか…
対象そのものを、傷つけるものから守りたい
とすることと
自分の心の中の大切な部分を、土足で踏み荒らすものから守りたい
というのとは
違うことのような…
でも対象が傷つくことは、自分の大切な部分も傷つくことだから同じことなのかな…

C

omment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2011/06/17 14:04 [ 編集 ]

お久しぶりでーす(^^)
ありがとうございます。いつも毒舌ですみませーん 

森博嗣さんの本を評価されている方は、多分、登場人物のキャラクターを楽しめる方だと思うんです。
主要人物たちの会話で謎解きが進む形なので、キャラを受け入れられないと、結構辛いです 
終わってみれば、謎も?な感じだし、あまりミステリーとか推理小説という感じでもない。
数冊しか読んでないのにナンですが、どちらかと言うと、ラノベと言った方が良いと思いますね。
誉田哲也さん、誰?な感じだったんですけど、ググってみたら、主人公の名前で思い出しました(笑)姫…忘れた。
結構ハードな刑事ものですよね‥?読んだこともなければドラマも見たことないんですけど…あれ、じゃなんで知ってるんだろう?…ミステリー倶楽部で紹介されてたような気がする…。これは私も読んでみたいです!

高村さんのは、ハマると良いですけどね~、それまでが…大変なのかも…私は多分もう一生抜けられないなぁ。。。

「秘密」はメロディーがもうすぐですね。
どう決着がつくんだろうと思うと、ワクワクより不安感のが勝って怖いです。
秘密」のドラマ化は考えたこともなかったですねぇ。いろんな意味で怖い…ですヨネ~、
グロい…ことより、役者がいません!
青木あたりは何とかなっても、薪さんは生身の人間じゃ無理、設定がぶち壊し…それが一番怖い

そういえばアニメも評判悪かったですよね…(笑)

レイン URL | 2011/06/18 04:19 [ 編集 ]

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2090-594023df


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。