Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ漫画「さよならソルシエ」

さよならソルシエ 1 (フラワーコミックス)さよならソルシエ 1 (フラワーコミックス)
(2013/05/10)
穂積

商品詳細を見る

この作者は、これより前の「式の前日」というデビュー作品が大ヒットしている新人の漫画家さんだそうで。
「式の前日」は本屋へ行くといつも目立つ置き方されていたので知ってはいたのですが、そういうのは何故か手に取ろうという気が起きないひねくれ者です。
「さよならソルシエ」を見てから同じ作者と知ったくらいです。
「式の前日」は普通の?日常?が舞台の短編集らしいですが、こちらはまったく違って1800年代の画家フィンセント・ファン・ゴッホと弟テオドルスの物語です。
私がつい手に取ってしまうのも仕方ない題材なのです。

しかし、これ、ゴッホとテオという素材を素にものすごい想像力というか妄想力を発揮・・・爆発させてるんだなという感じです。
いや過去の歴史や物語を今現在表現しようとすると作り手の妄想力によって一つの題材でも、10人10通りの物語が出来上がるのは普通でまあ当然でしょうが。
私自身、この画家について特に一生懸命知ろうとしたこともないので、一般的な・・・精神的に少し変とか耳切ったとかゴーギャンが唯一お友達?だったとか死因に疑惑有り・・・そんな程度のことしか知りません。
そういった僅かな事から勝手に自分のゴッホ像を作っていた(←具体的に説明できない)身としては、、、ぜーんぜんちゃう人やん!な訳です。(テオやその他に登場する画家なども)
子供時代のエピソードも二人の年齢差考えたらアレ?となるでしょうし。
でも、これはこれで良いなと。別に伝記ってワケでもなく漫画なんだから。
どっかの書店限定で著者の書き下ろしメッセージペーパーが付いていたらしいので、もしかしたら其の辺りの説明でもされ・・・てたらいいですね。

少し頭の弱そうな兄ゴッホ(勿論周囲に理解されない天才画家前提)、切れ者策士的なイイ男弟テオ、敵対するアカデミー側と、取り巻く画家仲間たち・・・立ち位置を見ただけでそれなりのシナリオがすんなり浮かんできそうな役者達です。
ゴッホ、テオに名を借りた史実とは別物の 萌え物語(←きっと!)として楽しめば良いんでないかなと期待しています。
ゴッホが好きで拘りのある人はやめた方がいいかもですね。

私は、勿論ゴッホ、大好きです!
その生い立ち為人を知ると、作品が身近に感じられ愛着も湧いてくるのです。
自分の感情が絵の中に入り込んで勝手に彷徨い歩くのです。
喜びやら悲しみやら狂気やら、死にたくなるほどの切なさを感じることができるのです。
それはゴッホのものじゃなく正に自分のものなのです。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2446-bd6cc611


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。