Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絹の家

絹の家  シャーロック・ホームズ絹の家 シャーロック・ホームズ
(2013/04/27)
アンソニー・ホロヴィッツ

商品詳細を見る

「コナン・ドイル財団が初めて公式認定した、80年ぶりのホームズ新作!」
という触れ込みだったのでへえーと思って読んでみました。
と言っても読んだのは昨年の夏。
感想書こうと思ってて途中でほったらかしだった。
まあネタバレですが書いとこう。

事件の始まりは如何にもホームズの出だしって感じ。
事件ともつかない日常の中で意味不明な出来事。
警察に行くほどではないが、また行っても取り合ってはもらえないだろうと、気にかかる依頼人がホームズのもとを訪れる。
それが何年も前の昔の事件と繋がり、また同時に事件とは関係のない裏で起こっている第二の事件を掘り当てることになる。
教会の孤児院に引き取られている少年たち、権力者たちの隠蔽工作。
イギリスだし・・・。
もう分かっちゃうよねえ。
最初は第一の事件で必死に考えちゃったりもするけど、核心は何となく別にあるなとだんだん見えてくる。
特にトリックがあったりするわけじゃなく、人を見て、情報を集め、状況から物事を推理していく。
ホームズが窮地に陥ったりアクションぽいものもあったり、物語としては普通に面白かったと思う。
またホームズのあったらいいな。
でも時代が時代だし、ネタ切れかな。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2456-bf54a780


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。