Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金田一耕介に捧ぐ九つの狂想曲 から「無題」

金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲 (角川文庫)
(2012/11/22)
赤川 次郎、有栖川 有栖 他

商品詳細を見る

「金田一耕介に捧ぐ九つの狂想曲」というのがあったのでちょっと読んでみた。
横溝正史誕生百十周年記念ということで、平成24年度に出ているものですが最近知りました。
赤川次郎、有栖川有栖など九名の作家が金田一耕介に関わるお話を創作されています。
まあ、赤川次郎に釣られたんですけどね。
金田一耕介シリーズは昔何冊か読んだことあったけど、忘れちゃったなあ・・「犬神家の一族」は映画のイメージが強すぎて俳優の顔ばかり浮かぶし、覚えてるのは「悪魔の手毬歌」くらいかなあ。
 この一番手「無題」は、京極夏彦さん。40ページ足らずのお話ですが、「陰摩羅鬼の瑕」からの抜粋改稿となっています。

読みにくかったです。
京極夏彦さんの小説は読んだことがありません。
「姑獲鳥の夏」を映画で見て「魍魎の匣」をアニメで見た(途中で挫折)くらい。
難しそうで私には合わないだろうなと最初から読む気がしませんでした。
こんなにも短いお話なのに全然進まない・・・マイクラやりながら合間に読んでたからかな。
鬱でひ弱な主人公が偶然(?)出会った、これまた鬱気味のひ弱な男との会話。
推理小説、探偵小説について、なんやかんや・・・
ただの屁理屈?哲学的なのか?私、何言ってるのかさっぱり分かりませんでした。
そういった小説に殺人というもので、なんで騒ぐのかと・・その出会った男の過去に出会った男が疑問を投げかけているらしいのですが、それについて途中で終わってしまったような形でした。
先に何か起こりそうな余韻を残していました。
何だか「陰摩羅鬼の瑕」を読まなくてはいけない気がしてきました。どうしよう(;´Д`)

二番手は有栖川有栖さんの「キンダイチ先生の推理」、読みやすそうな予感(笑)。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2491-beed14c8


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。