Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

金田一耕介に捧ぐ九つの狂想曲 「キンダイチ先生の推理」

臨床犯罪学者・火村英生の推理    密室の研究 (角川ビーンズ文庫)臨床犯罪学者・火村英生の推理 密室の研究 (角川ビーンズ文庫)
(2013/10/31)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


有栖川 有栖さんの本は昨年「臨床犯罪学者・火村英生の推理 密室の研究」を初めて読みました。
多分20年位前の作品じゃないかと思うのですが、昨年新たに角川ビーンズ文庫から出た有栖川 有栖さん自身が選んだ密室もの短編集です。
トリックがメインの軽くサクサク読む感じ。
今回の「金田一耕介に捧ぐ~」の「キンダイチ先生の推理」は密室ではないのですが、被害者が自らトリックを作ってしまった・・・第三者の勘違いや思い込みもトリックに成りえるという話ですね。
昔から思っていたのですが、被害者がいて犯人を捜す時に、一般的な人の思考や行動を元に進めるってどうなんだろうなと。
Aという現象、状態、に、原因となる側は多分Bという性格、思考、に違いない・・・みたいな。サスペンスドラマの見すぎかもしれないけど・・。
もしかしたら、たまたま偶然犯人側に思いも依らぬ何かが突然突発的に起こったとか、気まぐれにいつもと違う行動を衝動的に突発的にとったかもしれない。
偶然に偶然が重なって、本人にも意図しなかったことが起きたのかもしれないし。
自分を振り返ってみても、一貫性がなくその場の思いつきや気まぐれの行動が多いので、何かが起きても第三者が私と関係付けたりすることはできないだろうなって思ったりする。
この話は、そういったことを別の事柄をヒントにして真実を突き止める。
読んでた時は何でもない日常の偶然だなと思ってたけど、後になるとこれがとても面白いことのような気がしてきました。
ミステリーって普段そこいらに何時でも転がってるもので、私自身の思考も行動も他の人からみればミステリーかも・・・なんちゃって。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2492-8bd4c207


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。