Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

映画「ST赤と白の捜査ファイル」見ちゃった

レノボの宣伝映画(ドラマ)か!

もうね、「秘密」の実写映画って、この二人でいいんじゃないの!?って気がしてきた(笑)。

秋に初めて見た「ST]が最終回で、最終回じゃなかった。まだ事件が起きてる。
アレ?と思ったら映画と分かってこれは見に行かねばと待ってた。
映画自体もご無沙汰で、最後に見たのはタイバニだったな。
やっぱバディものはいいわあ。面白い。
アメリカのドラマの「ホワイトカラー」も大好きだし。
イケメン同士の絆を感じさせる掛け合い(いちゃこら)は楽しい~。

事件は凶悪な知能犯が楽しんでいるような状態で幕を開けるが、事件に携わろうとする百合根はSTから卒業?間近ということで、メンバーから距離を置く(置かれる・笑)。
STのメンバーが一見バラバラのようでいて実は思いは一つに纏まってる。
常に裏側があるような作りが楽しい。
それに結構笑えた。劇場ということで我慢したからきっと肩がヒクヒクしてたと思う(笑)。

事件の内容は書かずにおこう。
原作はあれから「ST毒物殺人」「ST黒いモスクワ」を読んで今は「ST黄の調査ファイル」を読んでる。
それぞれSTメンバーの名前に合わせたタイトルで、事件もそのメンバー個人の活躍場面が多くなってる。
でも全体に見て、百合根以外では青山が主になってる気がする。
そこがテレビドラマとはまったく違う。
ドラマの青山は女性だけど、原作では絶世の超美青年。
メンバーのリーダー的存在の赤城はそんなに台詞は多くない。
どうもドラマの赤城は、原作での青山と赤城を足して大袈裟なキャラに作リ変えてるよう。
よくあそこまで過激なキャラにできたと感心するわ(笑)。
私は青山が好きだから、ドラマより先に原作を知っていたら、きっとドラマをボロクソに貶してたと思う。
まあ、先にドラマを見たお蔭で両方面白く見れてる。

正直あれで終わってしまうのは何だか勿体ないような・・・。
もっと見たいな。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2514-15c04be7


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。