Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
お奨め
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クウガ5~8

仮面ライダー クウガ Vol.2 [DVD]仮面ライダー クウガ Vol.2 [DVD]
(2001/01/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る

五話から八話の一条さんと五代君を追ってみた。
五話から一条さんのお友達で監察医の椿さんが登場。
五代君の体が未確認生命体と同じ体組織を持っていると興味津々。
クウガが変化する度に協力して助言してくれる心強い存在。時々興味津々を通り越して危ない発言が良い感じ。
桜子さんは危険なところへとどんどん深入りしていく五代君が心配で止めさせようとするけど、結局どうやってもいつもと変わらない五代君なんだと悟ってクウガの分析に協力する。
五代君の妹のみのりちゃんも桜子さんも、五代君への信頼は篤い。
軽いのになあ。ヘラヘラしてるのになあ。のん気そうなのに、苦しいところは決して人に見せないよう頑張っちゃう。

・一条さんポレポレでマスターの相手しながら五代君待ち。帰ってきた五代君を見てものすごくホッとしたみたいに「来たかあ」と。中々病院へ行かない五代君を関東医大の椿さんとこへ連れて行く。
・未確認と同じ体組織と言われ、強くなったと嬉しそうなのん気な五代君を、こういうやつだと椿さんに言う一条さん。
命に関わりないかを心配する一条さんだが、このまま進むと五代君は未確認と同じ戦うだけの生物兵器になってしまうと聞いて驚くが、五代君は大丈夫と明るく言う。
・一条さんと五代君が仲良く病院から出てきたところへ桜子さんが来る。二人声を合わせて「解析は何かでましたか?」
新しいバイクを見て桜子さんは、五代君を止めてと言ったのにと一条さんを責めるが、五代君はやりたいからやるそれだけだと言う。一条さん後で五代君と会う約束する。
・一条さんは無断でトライチェイサーを渡したこから上司から咎められるが、四号クウガに何かあったら自分が射殺するから(クウガを)信じてくれと言う。
・一条さんは桜子さんが拗ねちゃってもう解析しないというのを気にしてる様子。五代君は桜子さんは大丈夫だから待っててあげてと言う。一条さん爽やかに納得、ああと返事。
・青くなりジャンプ力が増し代わりにパンチ力が弱くなってしまったクウガ、一条さんは未確認と戦うクウガを援護しようとするがチャンスを掴めずクウガは大ダメージ。

・一条さんが桜子さんに電話。五代が青いクウガに変わりダメージ受け病院にいると。五代君はは平気な顔を桜子さんに見せて行ってしまうが、一条さんは「馬鹿だなあいつ」と体を心配する。
・一条さんは桜子さんに謝る「あなたの心配した通りになった。でも自分と似ているので止められないのも解ってしまう」と。
・朝、一条さんがポレポレに電話すると五代君は寝てて何をやっても起きないと言う。ゆっくり寝かせてやってと言う。
・駆け付けた桜子さんに青のクウガとしての戦い方を教えてもらって未確認?号との戦いに勝ち笑顔を見せる五代君、桜子さん。二人の姿に安堵して黙って立ち去る一条さん。

・射撃訓練?してる一条さんに杉田刑事が「早く長野に帰って彼女の顔でも見たいだろう」一条さん「いませんよそんな」・・・何故か一条さんは皆から長野に彼女がいると思われている。
・一条さん五代君を連れて科警研の責任者である榎田ひかりに会いに行く。またもや一条さん、「その顔は彼女が出来た?」と言われてしまう。其処で未確認生命体の事件が次々に入り二人出動。
・未確認生命体に対峙する二人の連係が素晴らしい。

・緑に変わったクウガは適応できず苦しみ、一条さんが五代!五代雄介!と駆けつける。五代、と呼ぶのは初めてだっけか?
・一条さんが桜子さんに電話するが五代君が途中から割り込んで一条さんと携帯の取り合いしてる。
・取りあえず君の体を調べよう、と一条さんはまた五代君を連れて行く(椿さんとこ)
・五代君と椿さんが話してる向こうで一条さんは電話してる。五代君は電話が少し気になる。
・0号に殺された娘が行方を晦まし0号の捜査をしないと自殺すると言う。一条さんはどうしようもなく悩むが五代君が笑顔で大丈夫任せてと言う。それでも一条さんは警察の人間でもない五代君を巻き込むことには気が進まない様子。椿さんは「良い相棒じゃないか」と一条さんを励ます。
・五代君は娘さんを探しに海岸へ、一条さんは未確認14号を追って海岸に、未確認14号はクウガを狙っている。
・緑のクウガは一条さんから銃を受け取り14号を射撃で倒す。
・二人は実加ちゃんを無事に保護する。


みんな五代君を信頼してる。一条さんの五代君への信頼もまた篤い。
中途半端はしないと言った五代君が自分と似てると分かった時、止められない五代君の命の責任も自分が持とうとするんだ。
椿さんから最悪は敵と同じ生物兵器になると聞かされているし、信頼はしていてももしもの時はと、もしかしたらこの時から何らかの覚悟をすることになったのかも。
未確認生命体グロンギ達が人間の姿をしていたとしても、やるしかないんだと強い決意をする一条さんにも覚悟を感じる。それはなるべく五代君だけに負担をかけることをしないためにも思える。
いつも五代雄介とフルネームで呼んでるのはなんでなんだろう。
今回、五代君に・・とは桜子さんとの会話で。君が・・とは普通の会話で。倒れている五代君を慌てて呼ぶときに五代雄介から五代!に。なんか段々と変わってくのいいな。

一条さんが、杉田さんと榎田さんに彼女云々言われるのが可笑しい。そんなにリア充に見えるのかね(笑)。
これは、ちょっと、アレなんじゃ・・ないかな。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2531-2672945d


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

レイン Rain

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。