Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クウガ13~16

仮面ライダー クウガ Vol.4 [DVD]仮面ライダー クウガ Vol.4 [DVD]
(2001/03/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る

五代君は本当に周りの人達によく気を遣う。
不思議だね。いつも笑顔でのほほんとした感じで、ななちゃんが五代君に気があることにも鈍感なのに、それ以外のことにはすごく敏感。ちょっとした心の動きでも表情から読み取っちゃう。
今回は人間に嫌気が差し未確認生命谷に憧れる青年が出てくるが、私なんかだったらほっとけばいいのにって思ってしまうだろうところを、やっぱり五代君、ほっておけないんだなあ。
みんなを笑顔にしたいから。でも五代君をもってしても簡単にはいかない。
人間を否定し未確認生命体なら自分の事を解ってくれるなどと変な思い込みで、結局襲われ助けてくれたのは・・・クウガ・・人間だった。

十三話、不審
・桜子さんの研究室に五代君がいると一条さんがやってくる。更なる捜査協力を仰ぐが桜子さんは浮かぬ顔付き。一条さんはどうかしたのかと思うが、桜子さん笑顔になってすぐにOKする。五代君は気を遣って間を取り成すように桜子さんが忙しいことを説明する。一条さんすまなそうに頭を下げる。
・五代君が研究室で桜子さんの解析を見ていると桜子さんの携帯が鳴る。多分五代君よという桜子さん、着信名見るとやっぱり一条さん。一条さんだって五代君嬉しそう。
・未確認生命体を憚る蝶野を診察するため「君の直観を参考にしたい」と病院に呼び出され駆けつける五代君とデート中だった椿さん。この借りは大きいという椿さんに五代君?状態。一条さんは追々なと言う(笑)。
・23号が現れたと連絡で二人は病院から現場へ。

十四話、前兆
・23号の戦いに少々苦戦のクウガ。一条さんが援護射撃「五代!」名前は無しでした。
・23号に逃げられ、「五代!大丈夫か」と一条さん駆け寄る。
・23号に噛み付かれた五代君、一条さんと一緒に椿さんとこにいる。
・五代君は未確認を憚った蝶野に会いたいと言う。一条さんは声には出さないが、どういうつもりだ?何考えてんだ?とでも言いたそうな表情(笑)。
・二人は23号対策を話しながら病院から出る。
・一条さんまたも23号の囮になる模様。五代君が付かず離れず付いていく。
・一条さん作戦決行中にまた携帯が・・・長野の亀山?だっけ、そして23号に襲われる。で一条さん川にドボン。
・川の中で23号倒した五代君に濡れ鼠状態の一条さん駆けつける「五代!」。五代君振り向いて笑顔でb

十五話、装甲
・24号事件現場へ行く途中、長野から出た馬の鎧?が飛んできたという話を一条さんにする。五代君は大丈夫というが一条さんは問題が無いとは言えないんだと嗜め慎重になる。五代君も神妙。

十六話、信条
・TRCS(バイク)が24号との戦いで壊されたと思いきや、飛んできた馬の鎧?が合体してて無傷だった。TRCSが馬なのかと不審がる一条さんに古代にバイクないすからねと五代君。軽い五代君に危険だからと悪まで慎重さを崩さない一条さん。
・そこへ一条さんのお母さんが倒れたと連絡があり、側にいた五代君には言わず、大丈夫だと捜査を続ける・・・少し無理してる顔つき。
・二人して科警研へ。調べ概がありそうという榎田さんに椿さんと同じタイプ?と五代君。一条さん「ん・・・」。
・会話の成り行きで榎田さんが一条さんのお母さんが倒れたことを五代君に言う。余計なことをって顔な一条さん(笑)。
・24号のトラックにバイクごと突っ込み倒したクウガ、五代君に君の方は大丈夫かと一条さんだが、五代君は今日は一条さん名古屋(お母さん)に行っても良かったですねという。万が一のことがあったらどうすると一条さん。←お母さんの病院電話は八時までですよby五代


四月十八日、一条さんのお誕生日。五代君と一ヶ月違いでしたあ!
誕生日ではあるけれど、十才の時に亡くなったお父さんの命日でもあると一条さんに片思いする笹山さんに話す榎田さんでした。だから誰からのプレゼントであろうと絶対に受け取らないと。本当なら実家に帰ってお母さんと墓参りの日。だけど一条さんは帰らない。
お母さんは未確認が何時出るか分からないんだからと帰らないことを理解している。亡くなったお父さんは「中途半端」はするなってよく言ってたって・・・。
だからなんだね、五代君と出会った頃、「中途半端に関わるな」と激しい口調で言ってたの。そして五代君の「中途半端はしません」のメモを見て思い詰める様にメモを握りしめる。お父さんのことを思い出していたのかな。
五代君の「中途半端はしない」も恩師(12話)との約束・・・だっけか?
やっぱり似たもの同志というか、因縁めいたものを感じるなあ。
捜査中に一条さんのお母さんが煽れたと連絡が入るけど、五代君には説明せず大丈夫だと一言で済ませて捜査を続行する。
今、自分がするべき事に責任を持って最後までやる、中途半端に投げ出さない。それが尊敬するお父さんの生き方で、一条さん自身もそれを信念として生きてきたんだと思う。
五代君は心配しても、大丈夫だと言われればそれを信じるしかない。だって自分だってそうなんだから、一条さんもまた止められる人じゃないとよく解ってるんだと思う。
最初の頃、一条さんが長野から東京に来た時、車の中でしていた二人の会話で五代君が言った「一条さんだってそうでしょう?」に現れてる気がする。
一条さんだけじゃなく五代君も、似たもの同志って感じてたんじゃないかな最初から。
そして24号を倒した後の会話が好きだなあ。五代君の体を心配するも結構すぐ倒せた五代君は一条さんはお母さんの所へ行っても差支えなかったように言う。万が一があったらどうするとやっぱり責任感の強さが見える。上司にも、四号同様未確認飛行体も責任を預からせてほしいと願い出たばかり。もう五代君の保護者(笑)。
そしてお母さんに電話をという気持ちを時間で伝える五代君の優しさ。何とも思ってない振りで頷く一条さんが切ない。
八時ギリギリで一条さんは岡さんに電話するけど、短い会話に互いを思う気持ちがじわじわ来る。お母さん、本当は寂しいだろうなあ。。。

この23号、24号を倒した特のクウガ・・五代君の何かこう余韻みたいな感じが・・
この辺りからなんだろうか。少し哀愁みたいなものが漂ってるというか。
虚しさを噛み締めてるように見えるのは。。。


今まで一条さんのシャツはグレーだったけど、この辺は白だった。
一条さんが五代君を呼ぶとき、五代雄介から緊急時に五代!になる。普段対話してるときは君、キミ
おいおい←一条さんが何か説明に困るような時(メンドクサイ時?)、よく使う言葉。
びしょ濡れの一条さんもステキ笑顔もステキ。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2533-731da53e


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。