Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クウガ21~24

仮面ライダー クウガ Vol.6 [DVD]仮面ライダー クウガ Vol.6 [DVD]
(2001/05/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る

桜子さんの碑文解析が進むに連れ、漠然とした感じで物語が不安な方向へ向かっているような・・・影がチラホラと。。。

しかしさあ、一条さんの同僚や上司達は何かというと一条さんの彼女がどうこうと、本人もう否定するのも面倒になっちゃってるじゃん(笑)。
なんで彼女がいるって思ってんだろう? やっぱりハンサムさんだからいないなんて考えられないのかな。でも榎田さんは「その顔は~」って言い方だったよね。。。
だが断じて言う、長野にいると思われている彼女は決して亀山くんでは無いと。。。長野でもないしー。

21話、暗躍
・長野に第3号が出たということで会議。一条さんまた杉田さんに、心配だな彼女・・と言われる。(なんでや)
・会議終わって一条さん彼女でなく・・五代君に電話。
・一条さん長野県警に電話、第一声が、ついに結婚でもするか・・と言われる。(なんでや)
・一条さん三号の電波キャッチし五代君に連絡取るも返答無し慌てて駆けつけようとする。
・五代君、現れた第三号と戦うも別のバイクに乗った仲間と思われる者に邪魔される。

22話、遊戯
・川縁で一条さんと五代君がさっきの三号とバイクの仲間のことを話し合う。
・未確認のアジトらしき場所二カ所有り探るため一条さんと五代君は別行動。
・一条さんの方が当たり。バラのタトウの女に出くわし対峙するも「リントも変わったな」の言葉を残し去る。一条さんヤラレチャッタ。(なんかこの二人意味深なんだよなあ)
・倒れてた一条さんを車へ運び朝まで介抱?五代君のアップ(笑)。B1号(バラのタトウの女のこと、31号対策話す。
・クウガ五代君、一条さんとゴウラムの連係で三十一号倒す。
・二人でどっかのビルの屋上ゴウラムの使い方解ってきたby五代、三号を早く解明しないとby一条。。。

23話、不安
・桜子さん探してる五代君に一条さんからデートのお誘い。例の噴水公園で・・例の?
・被害者の数を知っているかと一条さんが聞くと五代君はピタリ言い当て驚く。一条さんは五代君クウガのビリビリする感覚のことを気にするが五代君は椿さんに聞くと言って別れる。

24話、強化
・三十六号が強く五代君はクウガを強くするために一条さんと別行動。桜子さんの解析を聞いたり榎田さんに協力してもらたりする。その間一条さんは杉田さんと必死の捜査を続ける。
・榎田さんとこで特訓?の結果ライジングタイタンに超変身し、三十六号に勝つクウガ。それを見ていた一条さんと桜子さんは、クウガが強くなり無事に五代君に戻ったことを喜ぶ。しかし桜子さんは不安を拭い切れ無さそう。


屋上で二人って、なんでそんなとこに二人でいるのかと、デートか?と思ったが、ゴウラムで飛んで三十一号倒したからそのまま屋上に着陸しただけか・・・。で、一条さんが屋上まで迎えに行ったのね。うん。

桜子さんが五代君がクウガになった時電気が走るようにビリビリするというのに関して解析を進めるが、何やら不安になる材料が出てきた様子。椿さんや一条さんに態々単独で会いに行くほどに。なんだかんだ言っても桜子さんが碑文を解析することでクウガの事情が分かってくる。一番最初にクウガの秘密を知るのは桜子さんなんだものね。一人で背負ってしまうことあるよね。
それを聞きつけてちゃんと対処するのはやっぱり五代君の力。信じてるからという桜子さんに笑顔でb
しかし、その後桜子さんが三十六号に襲われた時、目の前でクウガ五代君に助けられ、その強化した姿に驚きと不安と寂しさまでも混じった表情をしていたように見えた。
一条さんは素直に喜んでたみたい。。。五代君がだんだん強くなっていく敵に立ち向かうために色々努力をしているのを知っていたからだと思うけど。
桜子さんが五代君はいつまで戦わなければならないのかと一条さんに不安をぶつけてしまった時、一条さんはなるべく五代君一人に頼らないよう警察も頑張るみたいなこと言った。
それ、五代君の死を知らなかった杉田さんが一条さんに、四号には四号の都合があるんだろ自分たちは自分たちの出来ることで頑張ろうと言ったことで何か感じたんじゃないかな。。。

一条さんがバラのタトウの女にやられちゃった時、倒れてたのを五代君がみつけて車へ運んだんだよね。最初、長野で戦った時も、倒れた一条さんを運んで自分の胸に抱いて(?)休ませてたけど、これ絶対五代君一人で運ぶの無理だよね?幾ら男でも細っこい五代君、自分と同じくらいの背丈の男の人を一人で屋上や車に運んだり大変だと思うよ?でも、ここではたと気付いたのはクウガなら楽々じゃね?いや長野の時は変身してたから有りえるけど、バラのタトウの女の時は五代君、五代君のままだったよ。もしかして、この時、倒れてる一条さん見て慌てて生死を確かめたり色々(意味深)して大丈夫そうと思ったからクウガに変身して車に運んだ・・・一条さんを運ぶためだけにきっとクウガに変身したんじゃないかと考えちゃうわけ。で、それ想像したら可笑しくて一人で大笑いしちゃったわ。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2536-087f50b8


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。