Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
お奨め
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クウガ46~49

五代君と一条さんの会話や絡みだけを拾おうと思って書き出したのに、
みんなが、みんなが、、、五代君を信じてて、励まされて、笑顔をもらって、大好きだから、
こんなに一杯になっちゃった。
気ままな冒険をしている五代君がみんな一番好きなんだよ。

46話、不屈
・46号にやられた五代君は強くなりたいがために自分で心臓止めたらしい。椿さんに電気ショックやってもらうために。
・一条さん46号とB9号が戦ってるのみつける。
・五代君、椿さんと桜子さんが見守る中目覚める。強くなったの分かる金の力を思い切り出せそうだと。
・五代君、46号や一条さんのいる場所へ向かう。
・一条さんたちに神経断裂弾届く。五代君がいないので何としてもこれで片付けるんですねと桜井さん。飛び出してきた47号を杉田さんと桜井さんが追う。46号を一条さんが、、、またもう一人で無茶するんだから。
・いきなり46号に攻撃される一条さん、倒れながらも神経断裂弾を撃ち込み一時的にでも倒す。そこへB1号バラのタトウの女が現れ「リントもやがて我々と等しくなりそうだな」と言う。一条さん銃を構えるも起き上がった46号に阻止されまたもやられちゃう。ホント丈夫。そこへ五代君登場。最初から金のクウガになり一条さん驚く。黒のクウガになり46号倒す。大きな火柱を一条さん遠くから眺める。。。
・五代君、一条さんが待ってるところへ・・・二人ともめっちゃ良い・・・いや、綺麗な笑顔で b

47話、決意
・第0号の、究極の闇 が始まった。
・0号、楽しそうに笑いながら、もっと僕を笑顔にしてよ・・・。クウガやられる。
・一条さん    「五代・・」  
・クウガ五代君 「一条さん、俺、なります」
・空は薄暗く、雨は止まない。
・五代君、神崎先生のところへ。0号を倒したらそのまま冒険に出ると報告。
・警察、0号探知のシステムがもうすぐ完成すると。一条さんの顔が。。。
・五代君、榎田さんのところへ。未確認を倒すために次々と強い武器を開発してきた。こんなことして良かったのかな、と榎田さん。
・警察、一条さんたち、B1号の拠点へ。
・五代君、椿さんのところへ。俺が世界でただ一人のお前のかかり付けの医者だぞ。まだアマダムも治り切ってはいない。
・一条さん、B1号たちの残した書き物をみつける。
・0号・・・何言ってるのかわかんねー。日本語で言えっつーの。

48話、空我
・五代君、ポレポレへ行く。冒険に行く別れの挨拶。止めるななちゃん。クウガだから。今度こそ0号倒すから。
・一条さんとB1号。
  B1号、やはりお前か
  一条、銃を突きつけ、究極の闇の目的はなんだ
  B1号、リントも我々と等しくなる
  一条、お前たちと我々は違う!お前たちのような存在がいなければ・・
  B1号、だがお前はリントを狩るためのリントの戦士のはずだ
  一条、答えろ!これには何と書いてあるんだ
・出て行くB1号を追い神経断裂弾を撃ち込む一条さん。「お前とはまた会いたいものだ」(らしい)と言って海に沈む。
・五代君、みのりちゃんところへ。何処までも青空が続く場所へ冒険に行くからみんなとお別れ。みのり先生が頑張るから、笑顔でバイバイしよ。
・一条さん、B1号を倒したと本部に連絡。ただ海中に落ちて遺体の確認はできてないが確実だと・・
・五代君、桜子さんのところへ。桜子さん雨の中へ飛び出してくる。差していた傘をぐっと持ち上げ顔を見せる。最高の泣き笑いな笑顔。
  桜子さん・・・なるんだよね 凄まじき戦士に。聖なる泉枯れ果てさせちゃ駄目だよ。太陽を闇に葬ったりしないこと。それから・・・。いってらっしゃい。頑張ってね。  ・・・・・・・・・窓の鍵開けとくから。 
・五代君と一条さん、0号がいる九郎ヶ岳へ。一条さんはトライチェイサーで。雪の中並走する二人。
・五代君のベルトの傷は治ってないと椿さんが言ってた。だから、狙う時は此処をと・・・
一条さん!・・・・・あかん泣けてもう無理。

・五代君、 見ててください、俺の変身。 初めて一条さんの前で赤に変身した時に言った言葉だね。
・凄まじき戦士と究極の闇を齎す者の戦いが始まる。

49話、雄介
・・・・・・充電中


ポレポレでみのりちゃん、おやっさん、ななちゃん、けーこ先生がお話し中。おやっさんの好きなエベレストの写真が店内に飾ってある。それは、五代君とみのりちゃんのお父さんが撮ったもので、お父さんはおやっさんの先輩だったとのこと。お父さんは戦場カメラマンで世界を飛び回ってた、アフガニスタンで亡くなったけどいつも手紙をくれて、最後には必ず「いつかみんなで笑顔になる日の為に」と書かれてたって。
五代君の笑顔の基ってそこにあったのかな。離れててもお父さんのこと大好きだったんだろうなってよく解る。

榎田さんちのさゆる君、とうとうブチ切れちゃった。まだ小っちゃいもんねえ。大人の事情は分かんないよね。おばあちゃんがいくら頑張ってもお母さんの代わりにはなれない。
いつも仕事仕事でさゆるくんのこと裏切ってばっかりいてダメな母親だってジャンの前で泣いちゃった。子供の頃に同じ経験を持つジャンは榎田さんを励まして、なんだか良い感じ。
榎田さん向き合うのが怖くて逃げてたんだと思う。ジャンのお陰で勇気を出せた。さゆる君に謝って自分なりに頑張ること約束してぎゅっとして。さゆる君の寂しさも解消されたね。

五代君、なってはいけない凄まじき戦士になる決意をする。そうでないと0号と戦うことはできないと分かったから。今までお世話になったみんなの所を回る。もう会えないかもしれないから。ビートチェイサーで雨の中走りながら神崎先生の所へ向かう五代君は一条さんに勝手言ってすみませんて謝る。一条さんは気にするな、と。一条さんの顔が優しい。

警察でいよいよ大詰めの会議中。一条さんの顔が・・・こんな顔見たことない。緊張と心配が入り混じって、とうとう来てしまったんだという顔。焦燥感でどうかなってしまうんじゃないかと思うような。。。
一条さん、泣けちゃうよ。

椿さん、冒険に出るという五代君に付いていくとか冗談を言うけど真顔になって、俺はいいさ、あいつがな・・・不器用なんだよあいつ。俯く五代君。 ;; 一条さんのことを心配する椿さん、良い人だねえ。
五代君のことを一条さんに、「良い相棒じゃないか」と言っていた椿さん。友達だから一条さんのこと解ってて、五代君と一緒にいた一条さんはそれまでときっと違ってみえたんだろうな。良い意味で。

五代君、バイクを止め、亡くなった人達に手向けられた花やぬいぐるみを見る。その供えられた品々の向こうに生き残った人々の泣いている姿が見えるような気がする。

九郎ヶ岳で、凄まじき戦士と究極の闇を齎す者の戦い。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2545-c077e938


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

レイン Rain

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。