Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

まようそういえば 「ちはやふる」と「僕だけがいない街」の映画見に行ったんだった。
今月初めの映画の日にはしごで見て気が済んだのか忘れてた。

「ちはやふる」 は当然だけどアニメの方がいい。
映画は端折るだけなら上手くやってるかなと思うけど、そのために登場人物がカルタ部に入る設定が変わっちゃってる。
細かい事言っても仕方ないかもだけど。
全体にまとまっちゃいるんだけど、気になったのは随分恋愛的なものに傾いてるなということ。
漫画の方は殆んど見てないからどれだけ当て嵌まってるかわからない。
アニメ見てる限りでは余り表に出しゃばらず、太一の思いが陰になって逆に光ってる感じがすごく良かった。
なんかこう・・太一の不憫さが(笑)胸に来るっていうか(笑)。
太一って結婚したら本当に良い夫になると思うわー。
何でもトップクラスなよくできるイケメンなのに、新や千早みたいに天才肌じゃない事に依る自分の卑屈さとかわかってて自虐的になってる。普通な自分、それを自覚する度に一つづつ何かを身に着けて、捨てて、また前向きに進もうとする。
本当に良い子なんだよなあ。笑えるほど悲しい不憫さ。
なのに、映画は恋愛描写が出張っててなあ・・・下の句はもう見なくてもいいかな。




「僕だけがいない街」 は、コミックでしか読まないから心配してたけど、やっぱりネタバレじゃないかー!
やっぱり・・映画って・・アレだよね・・。
どうしても話を短くしなきゃいけないからこうなるよね。
犯人だいたい初めから分かっちゃうよね。
漫画ではもしかして・・・というのはあったけど後半になるまで分からなかった。
内容も映画では漫画ほど深くは伝わってこない。
何でも原作のあるものはそうなる。仕方ない。
役者は、主人公の藤原竜也さんや母親の石田ゆり子さん、先生の及川光博さんみんな良かった。
子役も好かった。


C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2653-a1a1a7e4


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

レイン Rain

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。