Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

TVドラマ的な隠蔽操作

隠蔽捜査 (新潮文庫)



これは睡眠薬代わりには少し足りなかった。
前回読んでた御手洗さんより面白かった。
気が付いたんだけど、私は実は探偵推理物より刑事物が合ってるのかもしれない。
思い返せばホームズとかよりもフロスト警部の方が読む気が起きるし、ドラマもモース警部、バーナビー警部、リンリー警部、ヘレン・ミレンの女警部もの第一容疑者とか。
ホームズやポアロも好きだけど、あれは景色や建物調度品などの時代的なものが好きと言った方が正しいかもしれない。
アメリカ作品よりイギリス作品を挙げるのは、銃をあまり使用しないのと人間味の面白さ。それとやっぱり美しい風景建物。
アメリカ物はイケメンでカッコ良くはあるけど・・・。

この「隠蔽操作」は八年くらい前の作品。主人公は警察官と言っても警察庁の長官官房総務課長で階級で言うと警視長?キャリア。東大出身に拘り有り。
その割に権力を振りかざすことはしないでただひたすら国民の為に仕事を全うするそれ以外無いという回りからは変人と見られている。
あんまり好きな主人公では無かったんだけどねえ・・・。
読み進めるのに脳内ドラマで展開していると、何となくすんなり受け入れられた。テレビドラマに向いてる物語であり主人公なのね。
今野敏さんの作品はみんなそうなのかも。
小学生のころに虐めにあって、それがバネとなって勉強に励み何事も一流を目指す。しかしその虐めの張本人が警察庁で同期という巡り合せ。性格や仕事に当たる姿勢も正反対の二人が周りからは幼馴染と言うことで仲が良いと見られてしまう。
中々テレビドラマ的な二人(笑)。
警察組織という縦割り社会。きっちり決まったそれぞれの役割。その中で起きる物事に最善を尽くすため奔走する主人公。
正義の味方っぽく良い人なのかなと思ったのに、ただ後を考えると面倒にならないように合理的に物事進めてるだけかとちょっとがっかりしたり、やっぱり変人だわ。
兎に角、真っ直ぐ法に沿って私利私欲や保身とは無関係な思考がぶれない。
なんだけど、だんだんと機械みたいな人に感情的な振動が起こって行くそんな感じがして、先の先を計算して動くはずの主人公が勘で動いた。
いつも他人の行動や内情を推理推測して~だろうって決めつけるところが好きじゃなかったけど、それは正しい推理だったってことなんだろうか。
そこが好きになれなかった。
でも、、、この人、もしかして「秘密」の薪さんに似てるんじゃなかろうか。。。
今、この続編読んでてそこに思い当たった。

まーた始まったよ、「秘密」に何でも繋げる病気(笑)。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2663-7f32d4e9


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

レイン Rain

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。