FC2ブログ



Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2018/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月刊HANADA7月号
カミカゼじゃあのさんの本
カミカゼじゃあのさんの本
お奨め
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が秘境だった時代

ふしぎの国のバード 1巻 (ビームコミックス)



イザベラバード、昔NHKの歴史クイズ番組で初めてこの人の名前を知りました。
世界各地を旅された冒険家で小説家?
明治時代に日本を旅したそうですが、テレビで見た時は江戸時代と勘違いしてました。
当時の我が国の一般庶民の暮らしを紹介されていて、なるほどー、へー、という程度で見ていたのですが、何故か今でもそのシーンをはっきり覚えてるんですよね。
赤ちゃんが夜泣きをしたら当時ではどう対処していたでしょう?という内容だったと思う。
答えは、お父さんが裸で泣いてる赤ちゃんを抱っこする。裸と言っても褌とかしてるんでしょうけど、直接肌に触れ包み込まれるように抱かれることで赤ちゃんは安心すると。
ご先祖様達は、お父さんも普通に育児参加してたんですね。今日ではまるでそれが流行り物や売名行為のように利用されたり・・・。昔は当たり前の生活、今は失われた日常。
youtubeに「イザベラ・バードの日本紀行」という動画があったので何となく見てたら結構面白かったです。
ラジオの番組だったようで松たか子さんの朗読でした。
そしてたまたま本屋でみつけた「ふしぎの国のバード」(佐々大河)。「イザベラ・バードの日本紀行」の漫画版一巻だけですが、まあそこそこ楽しく読めました。今四巻まで出ているみたいです。
原作を読んでいなく動画の朗読との比較では、通訳の伊藤が別人の様にイケメンになっているのと、やたら頬染めてはしゃぐ女冒険家という印象なのは仕方ないんでしょうね漫画ですから(笑)。
横浜から日光辺りまでの一巻でしたが、二巻は会津へとかなりの悪路に悩まされるようです。
そして更に北へと・・・。
ちょっと昔のまだ日本が壊れてなかった頃を知ることが出来る旅。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/2681-718d0dcf


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。