Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片寄るイメージ

物語を読むとき、その情景を今までの知ってる何かにイメージさせて見てたり置き換えたりしながら読んでいたことに気付く。
挿絵があれば、それでイメージを発展させることができるし。
ところが、「月の森に、カミよ眠れ」ではそれができなかった。
ファンタジーというにはあまりに大昔で。
次女が何時の時代かわかる?と聞くので、考えた。
原始時代のような・・・幾ら何でもと思って、卑弥呼?というと
あーそんくらいかなぁと。
顔や体に刺青の模様・・・でワンピのジャヤ、カルガラ、ワイパー。
そうそう、そのイメージ近いかも。。。良い線。
それで「獣の奏者」これがまたイメージできない。でないまま読んでる。
時々浮かぶのは、「精霊の守り人」アニメ版。
それより時代的にもっと前なのかな。
登場人物の男性の性格など、書かれていると、一番先に当て嵌めるのはやはり大好きなサンジくん。
ついでだから、ゾロも一緒についてくることも。
この二人正反対だから、物語にありがちな設定に合うんだよね。
「獣の奏者Ⅰ」P307でのダミヤの台詞・世の穢れにさらされて長い間生きてきた大人は、清廉な志を気恥ずかしく思うもの~
そして続いて・だが本当に大切なのは、どれほど世の穢れにさらされても、清廉な志を捨てずに生きることなのだ~
前の言葉で、サンジを思い出し、ゾロなら恥ずかしいなんてないだろな、って思う。
後の言葉で、やっぱりサンジだなって思う。
何か好きすぎて美化してるようだわ。
でも、ワンピの登場人物はみんなこんな感じだなって気付く。
他の作品にしても、みんなそうなのかもしれないけど、私がワンピ好きなのそういうとこかもなって思った。
もう一つの好きな「最遊記」は、これに当て嵌まらない、逆かなあと考えると・・・
穢れにさらされて穢れそのものになりながらも、自分が何者であるのか、見出し見失わないよう必死に踠く姿が志以前の清廉さのように感じる。
「最遊記」語り出すと止まらなくなれそうだからやめとく。
「獣の奏者」は一巻目半分以上きてるのに、
まだ物語の、全容が掴めない。なんとなくざわざわしてきた感じ。
上橋菜穂子さんの言葉は解り易くて本当に良いと思う。
私が頭の中で思ってても形にできなかったことを、上手ーく形にして表現してくれる。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/866-66564d45


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。