Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣の奏者を読んでて昔を思い出す

私は以前、この世で一番大きな言葉は、「偶然」だと思っていたことがある。
何につけても、起こることや、そうなったこと、全てが、゛たまたま゛自然に何かの切っ掛けで成り行き上そうなった。その結果が今であり全てで宇宙なんだと。
それが、何時からか全く逆だと思うようになった。
全てが必然だと。起こるべくして起こり成るべくして成った。
生きているものもそうでないものも。
私の机の上は、いつも雑多で、いろんな物が転がっていた。とても勉強机とは呼べないもので。
ノートの上に斜めに転がってる鉛筆をぼうっと見てて、思った。
これはこうあるべくして転がってる。こういう風にある必要があるんだと思った。周りを見回して、無駄に見えるものも無駄じゃないんだと思った。
私は虫があんまり好きじゃない。
目の前に昆虫類がいると見てるだけ、子供のころは捕まえようともしたけど、何か遠慮がちだったと思う。虫が恐かったのかな?とも思う。
なるべく一緒にいたくない。虫は虫の世界にいればいいと思った。私は私のいるところにいる。
お互いにお互いの場所は踏み込まずにいられればそれでいいと思った。
動物園は好きじゃない。あまり行きたくない場所。
犬猫にしても、飼いたいと思ったこともある。実際飼っていたし、面倒みてたのは親だけど。
犬は犬でやればいい、猫は猫でやればいい、飼うとか飼われるとかなんとなく私には不向きだと思った。面倒みるのがめんどくさい。←結論
飼っていればきっと家族のようになるのだろうな。言葉が通じないのが嫌なのかも、意思は通じるかもしれないが。
なにかどこかで、上下関係のようなものが発生する形が好きじゃないのかも。
だって、生きてるし、生きていれば何にだって感情はあるだろうし。
でも、飼われていても捨てられていても犬は犬で、猫は猫で、その状態を受け入れて一生懸命生きてるんだと思った。
舞落ちる枯葉も風で飛ばされる花びらも、その風さえも、木の幹に耳を押し付ければ聞こえる鼓動も、日の暖かさも掴めない水も、ゴミ捨て場に積まれたいらなくなったものでも。
人間社会に踏み入ったのなら関わらずにはいられないし、人間の方から踏み入る方が圧倒的に多いのだし。そうなったら、人間以外のものにもちゃんと目を向けて、向き合って、生活しなければと思う。
生のあるもの無いもの、そこに当然としてあるんでなく必要としてあるならきちんと考える必要もある。生のあるもの無いもの生を失ったもの動かぬもの、何万光年の先からみれば、どれも同じ一つのただの点にすぎないかもしれない。点どころか混ざって絡んで溶け合って纏めてたったの一つのものになるんだろ。そこに上下や差別などなんにもない。全部同じに必然なものかもしれない。
獣の奏者を読んでいると、昔ぼんやり思っていたことを思い出す。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/868-b21a3c0b


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。