Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木先生

 武富健治 作

疲れる。
こんな疲れる漫画はそうそう無いと思う。
今3巻まで読んだが、本当は1巻でもうお腹いっぱい状態でウンザリ。
でも、後を読まないともっと疲れる気がする。
どこかの中学校のあるクラスの生徒たち、学年の生徒たち、担任の鈴木先生、仲間の先生たち。
生徒たちの間で起こる問題を、鈴木先生が一生懸命考える。追及する。分析する。
そして正論という答えを見出す。
皆、一人一人がエキサイティングで激しい。
人間の醜い部分を誇張して集めてでかくしてある。
こんな中学生いるかいっ!と突っ込みいれてみたくなる。
大人社会なら普通言わないしない、表に出さない隠された部分を殊更取り出してこれでもかってくらいぶちまけてる感じ。
小学生でも無い高校生でも無い、中学生社会だから描けるモノなんじゃないかと思う。
読んでると本当に馬鹿馬鹿しい。幼稚臭くてアホかこいつらと嘲笑ってしまうわ。
でもそれは一応、自分が大人と言われる年齢から見てるからだろう。
鈴木先生の追及、分析は、その時代にしなきゃいけないことで、それを過ぎると、きっと面倒になったり、考えるのを諦めたり、我慢したりで、世の中、人生、全てこんなものなんだろうと変に大人になっていくんだろう。
ちょうど、おこちゃまとオトナの中間、世間知らずの子供が背伸びして自分はオトナだと勘違いする年頃。
だからできる、めちゃくちゃな話。でも真実かも。
生徒たち、先生たち、登場人物はいっぱいいるけど、実は全部一人の人間のようにも思える。。。
疲れるけど、後がつい読みたくなる。

鈴木先生 3 (3) (アクションコミックス)鈴木先生 3 (3) (アクションコミックス)
(2007/07/03)
武富 健治

商品詳細を見る

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/925-ea3796e8


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。