Rainのいろいろ感想 覚書

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
面白い
参議院議員和田政宗さんの本
日本ファーストの保守政党
付録に憲法条文付いてます
超お勧め
お奨め
外国人扶養控除などについて
今読んでいる本
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ニコニコ動画お気に入り
nekotokei
ヘタリアのご実家
一人 楽しすぎるぜ~
舞風(MAIKAZE)
http://musoukakyo.maikaze.com/
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密・トップ・シークレットちょっと考えてみた

秘密―トップ・シークレット (2)    Jets comics秘密―トップ・シークレット (2) Jets comics
(2003/05/29)
清水 玲子

商品詳細を見る


秘密、秘密、とタイトルとして何度も口にしてはいるけど、
実はあくまり深くは考えてなかった。
一応、死んだ犯罪者、被害者の脳ミソをなんのかんのと、どうにやらして、犯人は誰か?どうして犯罪は起きたかなどを捜査するってことは、説明でふーん程度に納得してた。
その脳が持つ記憶を映像化させる訳だけど、それによってその脳の持主の生前が、見たモノが、誰とどんな暮らしをし、何を考えていたかまでわかってしまう。
それこそ他人には知られたくないようなことも。。。
↓

だから、単純に「秘密」なんて題なのかと最初は思ったが、アニメにしても原作にしても最初の説明時だけで、後はすっかり「秘密」なんて言葉はただの言葉、ただのタイトルだけな存在になってしまった。
脳が記憶する秘密は、起きた犯罪の事情という認識・・・かな。秘密=事情。
だからこの物語における「秘密」というものがなんなのかあまり考え無かったんだと思う。

しかーも、、、私は頭ん中が腐で犯されています。。。
最初にアニメを見るとき、これの前にやってた「潜脳調査室」、こっちを見るために深夜までテレビわざわざ付けてたから、「秘密」はついでみたいなもんで、どんなんかなー?という感じでつい見てしまったんですね。
そしたらまぁ、なんだか私の好きそうな香りがぷんぷんと・・・
おおー、これは絶対間違いない、見るぞと、そのうち回を追うごとに「潜脳調査室」なんてちっとも面白くなくて、「秘密」がメインで深夜にわくわくしてました。
だから今、この時点でならわかる (ような気がする) 秘密の匂い、みたいなものは、私にとって秘密でも何でもないわけです。最初っから。それ目当てなものだから。主人公の意思に関係なく。
(・・・これだからやーよね、頭の腐ってる人って、デリカシーとかなーんもない←影の声)

今、ああ「秘密」を読んでて良かった、途中で諦めなくて良かったとつくづく思います。
やっぱ紆余曲折ってのが無いとね。。。
 鈴木ハート薪さん  青木heart1薪さん
私の中でこれは決定事項!誰が何と言おうと、例え原作者が違うと言えども!
まぁ、勝手に妄想してろよ、って感じですな。

でも、普通に見てて、コレが一番自然で、断片的にしか見せてくれない、肝心なところを見せてくれない、薪さん的に意地悪な作者だけど (作者の美意識はここにあるなというのがよく解った気がするところです。これにはまだ言いたいことあるけど。。。)、 片言な表現を埋めるべく想像、妄想するとコレが一番辻褄が合うのよ。
それ以外の方が寧ろこじ付けのように感じてしまう。

というのも、最近「秘密」大好きな皆様のブログなどちょこちょこと拝見させて頂いて、やっぱりコレしかないだろうと自分の考えを新たに確認してしまったのですね。
でも、いろんな考え方、取り方をしようと思えばできるもんなんだなということも改めて思った。

・・・なんか全体に漠然としてまとまってないわね~。
物語の中に事細かに確認したい部分いっぱいあるもんね。
まだじっくり読んだわけじゃないから、本当に私の単なる妄想、希望、うん、こうなってほしいと切実に思うところ。
その裏付けみたたいなつもりでじっくり読んでみたい。
ひょっとして、あれぇぇ?と思うとこも出てきたりして。
でも、私の場合、例え作者が違うと言おうとも、が信条なのだから(キッパリ)。

12月号読んでて、また前のをチラリと見て、「秘密」という言葉がやっと私の中で大きく意識されてきたというわけです。
ここはひとつ薪さんのように繊細になるべきだと思う今日この頃なのです。

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://akhs.blog103.fc2.com/tb.php/966-485c6061


応援しています













豊洲の
反対支援
プロフィール

Author:レイン Rain
映画とかアニメとかRPGとか観劇とかいろいろ少しづつ。全てにおいて毒舌、偏り、腐発言多々あり。
最近やっと世の中に目を向け出した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。